大使館からの情報

在オーストラリア日本大使館より【3月25日】ワーキングホリデーで滞在されてる方へ

現在、世界中でコロナウイルスによるパンデミックが起こり、オーストラリアでもレストランや娯楽施設が封鎖、国内線や国際線フライトの変更やキャンセル、または仕事に対する規制など、さまざまな方面から影響を受けている方がいると思います。

そんな方のために、在オーストラリア大使館がメールにて豪政府の対応や現状、また日本への渡航情報などを知らせてくれていますので、その情報を当サイトでは可能な限りシェアしていこうと思います。

大変な時期だと思いますが、自身の健康を第一に、オーストラリアでの安全対策を取る参考になればと思います。

当サイトでシェアする内容がコロナウイルスに対する対策や情報の全てというわけではありません。

ご自身がお住まいの地域などについては、必ずその地域の政府サイトから最新情報をご確認ください。

 

以下メール本文です。

3/25 16:05【ワーキングホリデービザで豪州に滞在されている方へ(COVID-19関連)】

【ポイント】
●職のない厳しい生活が6ヶ月続くかもしれません。帰国の手段も減ってきています。お金は?ビザは?医療保険は?あなたは大丈夫ですか。直ちに日本への帰国も視野に入れて行動してください。

【本文】
・豪州における新型コロナウイルスの感染状況が深刻化する中,連日豪州政府からワーキングホリデーの皆さんの仕事や生活に直結する新たな施策や方針が発表されています。
・豪州政府による施設閉鎖や活動制限は6か月もしくはそれ以上続き,その間,雇用情勢は厳しい状況が継続すると見込まれます。他州に求人があっても,入州制限をしている州では働けない可能性が高いです。また,現時点では豪州政府からワーキングホリデーの方に対する経済的援助はありません。
・国際線・国内線の運航停止や減便も増えており,日本への帰国もますます難しい状況になっています。ビザの有効期限によっては日本への帰国便が確保できなくなると不法滞在という状況に陥ってしまう可能性もあります。
・若年者であっても健康状態が悪いと重篤化し,生命に影響がおよぶ可能性もあります。特に,ワーキングホリデーの方の中には無保険の方もいるようですが,もし無保険で重篤化した場合,医療費数が数百万円から数千万円と非常に高額になることが見込まれます。
・ワーキングホリデーの方で,蓄えが少なく近い将来生活が困窮してしまう可能性のある方,現在仕事がなく日本の家族等からの援助を得るのが難しい方は,直ちに日本への帰国をご検討ください。

オーストラリア日本大使館(新型コロナウイルス関連情報)
https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【メール発信者】
オーストラリア日本国大使館領事部
電話:02-6273-3244(代表)
FAX:02-6273-1848
メール:consular@cb.mofa.go.jp
大使館HP:https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

規制内容、フライト情報、感染者などの情報は刻一刻と変わっています。

最新情報については、必ず日本領事館サイトやオーストラリア政府の対策ページをご覧ください。

↓次の投稿はこちらから↓

在シドニー日本国総領事館より【3月27日】フライト,空港乗り継ぎ,豪州ビザ延長,日本政府援助,外国人入国制限(新型コロナウイルス関連)当ページでは、在オーストラリア日本大使館や、在シドニー日本国総領事館などから送られてくる新型コロナウイルス関連情報を可能な限り、シェアし...
ABOUT ME
アバター
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。