生活お役立ち

【オーストラリア結婚式の服装問題を解決!】お呼ばれでも恥ずかしくないゲストの服装

オーストラリアに長期で滞在している人であれば、いつかは受け取る、友人・知人の結婚式の招待状。

招待されるのは嬉しい反面、日本と違う海外の結婚式に『着ていく服』についてどうすればいいのか分からないという方は、実際ものすごく多いです。

せっかくの結婚式の雰囲気を壊してしまうようなことは、招待客として絶対にしたくないですもんね。

ということで当記事では、そんな方のために、オーストラリア在住人が出席した結婚式の様子を写真付きでご紹介したいと思います。

他の出席者の方々の様子がどんなものなのかぜひ参考にしてくださいね。

オーストラリアの結婚式の服装は、カジュアルドレスがGOOD

結論から言いますと、実際の結婚式の服装に悩んだ身として、カジュアルドレスが一番おすすめだと思っています。

実際に私が着たのも、カジュアルドレス。こんな感じです。

(りなきむ左。右は旦那)

お呼ばれドレスほどフォーマルではないけれど、買い物に行くようなカジュアルさではない(笑)。

なぜカジュアルドレスをおすすめするか、その理由を説明します。

 

\先に公式サイトをチェック/

楽天で大人気【RIVER FIELD & CO.】でドレスを探す

楽天へはこちらから

オーストラリアの結婚式にカジュアルドレスがおすすめなワケ

理由は、その結婚式が

『カジュアル』でも『フォーマル』でも通用するから

です。

 

オーストラリアの結婚式の難しいところは、『新郎新婦の国柄に大きく左右される』こと。

ああ~、と思いませんか?笑

 

オーストラリアには、『日本の結婚式ではこれが普通!』という感じの共通認識があるといより、

カジュアルな結婚式をしたい

結婚式は盛大でフォーマルにしたい

宗教的なイベントなので規律を守ったものにしたい

など、新郎新婦の育った国環境によって、結婚式の雰囲気自体がガラッと変わってしまうもの、と考える方が自然です。

だから、結婚式なのにジーパンで参加する人もいれば、どっちが花嫁か分からないようなドレスでくる参加者などもいたりする。笑

(最初、写真の女性が花嫁なのかと疑った。笑)

本当のところは、新郎新婦に『どんな結婚式にする予定?』とそれとな~く聞いておくのが一番ですが、そんなこと聞けない…なんて場合がほとんどです。

 

だから、カジュアルドレス。

 

新郎新婦がフォーマル・カジュアル、どちらを選んでも、結婚式の雰囲気を壊さずにやり過ごせますよ(*’ω’*)

 

\公式サイトをチェック/

楽天で大人気【RIVER FIELD & CO.】でドレスを探す

楽天へはこちらから

オーストラリアの結婚式でよく見る服装

ヘアスタイル

特別なセットは必要ないです。笑

本当に、

  • ただ下ろしているだけ
  • 後ろで結んであるだけ
  • ちょっとコテで巻いただけ

という人ばっかりなので、日本の結婚式のように可愛くしていくと、ちょっと浮いてしまうような気さえします。

かく言う私も『ただ下ろしているだけ』組に属していますが、それでも問題なし。笑

顔に髪の毛がかかるのが気になる方は、バレッタで留めておくくらいにしておくのがGOODです(*’ω’*)

ドレス

ドレスは、先ほど言った『カジュアルドレス』が可愛いし、控えめだしGOODです。

オーストラリアのドレスは、日本人には、というか私のような

  • 貧乳胸にはしんどい胸開き
  • 下着のラインが透ける
  • 背が低すぎて、着れるもの見つからない

ということがあるので、いつも日本のサイトから取り寄せしてます。

基本は楽天ですが、その楽天でランキング1位を獲得したこともあるRIVER FIELD
が可愛いんだ…(´;ω;`)ぜひ一度見てみてね。

 

\公式サイトをチェック/

【RIVER FIELD & CO.】でランキングを見る

楽天へはこちらから

ヒール

ヒールはも、あまりキラキラし過ぎない程度のものがおすすめです。

スニーカーこそ見受けられなかったですが、出席者の中には普通のパンプスを履いてきている方も結構いるので、そんなにみんな気にしていないもよう。笑

私はドレスに合わせて、H&Mで普通に売ってたヒールを履いていきました。

(使用感がありますが…)

でもやっぱり、海外製の量産靴は合わないですね…(^^;)日本人サイズの商品が売っている楽天の偉大さ、思い知りました。

楽天でヒールをチェックする

カバン

カバンに関しては、皆さんがイメージする通りのものでいいと思います。肩掛けショルダーバッグか、手持ちの小柄なバッグ。

こんな感じの。

ですが、オーストラリアの結婚式は15分、長くても30分くらいで終了し、さらに式後には、新郎新婦が車に乗っていなくなってしまう(笑)ので、化粧直しの道具などは正直必要ありません。

さらには、スマホとカード1枚あれば支払いまで全部済んでしまうので、財布すらも必要なし。

持って行く荷物がないので、バッグの用意はしなくていいのでは…と、正直思います(*’ω’*)

化粧

私は普段、一切化粧をしないので、メイク技術の詳しいことは解説できないのですが、私がやっているのは、

  • ファンデーション
  • 眉毛の形を整える
  • ビューラー
  • マスカラ
  • 口紅
  • チーク

という超!基本だけ。でも、それでも全然大丈夫です。

ドレスとセットにした時に、浮かない程度の化粧だけしていきましょう。

オーストラリア結婚式 基本的な流れ

では最後に、オーストラリアで行われる結婚式で、出席者がどのような流れで行動していくのかを簡単に流れを見ていこうと思います。

ざっとこんな感じで式が進むのね~と理解するための参考にしてください(*’ω’*)

①式場に行く

結婚式場へは、基本10分前くらいに到着できるようにしておきましょう。

早すぎても誰も来ていませんし、教会側も準備中ですし。邪険にはされないですが、外で待ちぼうけになるので少し恥ずかしいですからね。笑

式場では、受付がある場合は受付へ、受付がない場合はそのまま中へ入り、式が始まる前に席に着きます。

もちろん、新郎新婦さんがまだ到着していなければ、教会の外で他の出席者と挨拶をしたり写真を撮ったりしてもOKです。

②新婦さん入場

着席して待っていると、新婦さんが子供たちに連れられてバージンロードを歩いて入場しますので、席を立ち、拍手で迎え入れてあげましょう。

私の場合は、音楽・ナレーション・案内などはなく、いきなり新婦さんが入場してきた感じでした。

③誓いの言葉を神父さんが読み上げる

式中は起立したまま、司祭さんの言葉を聞きます。この所要時間はだいたい15~30分ほどです。

司祭さんが通訳を添えて話す場合は、英語&第2言語で誓いをするため、2倍の長さがかかります。(私の場合もそうでした)

もし、ヒールで立ち続けるのがしんどくなったら、そっ……と着席しましょう。

キスの前に立ちあがればOKです(*’ω’*)

④指輪交換&キス

神父さんのお話が終わると、お決まりの指輪交換&誓いのキスです。

この時も出席者は立ったまま見ることになるので、式場の後ろの方に座ってしまうと肝心の新郎新婦が見づらくなってしまうことも。

オーストラリアでの結婚式となると、背の高い西洋人に囲まれることが予想されるので、最初から通路横などに席を取っておくといいですね(*’ω’*)

⑤新郎新婦が教会から退場するとき、花で祝福

(新郎新婦が出てくるの待ち中)

さて、キスが終わると、式場は一気に解散の雰囲気に包まれます。

実際のところ、式はここで終了。

ですが、出席者は最後に新郎新婦が車に乗って退場するのを、花を投げて祝福してあげます。

式場の外には、花を持った新郎新婦の友人たちが立っていると思いますので、彼らから花を受け取ります。

この花を投げかけ、盛大に見送ってあげれば、結婚式終了です。

 

オーストラリアでは、結婚式の日=夫婦になる日

最後に、オーストラリアの結婚と婚姻についての豆知識というか、日本との違いを少し。(*’ω’*)

オーストラリアでは、『結婚式中に婚姻届けを書かなければならない』ので、結婚式=結婚(婚姻)になります。

日本での『婚姻』は、婚姻届けを市役所に提出した時点で成立なので、『式』をするかしないかを決めるのは、それぞれのカップル次第。

ですがオーストラリアでは、

新郎と新婦は、結婚式を以って夫婦になるんですよ。

式の始めは『カップルだった2人』が、『夫婦』になって退場していく。

これを知って結婚式に参加すれば、友人や知人の結婚式への喜びもひとしおではないでしょうか。( *´艸`)

 

おわりに

オーストラリアの結婚式に出席する際の服装や髪形、また式の流れなどレビューいたしましたが、参考になりましたでしょうか。

私も実際に結婚式に行くまで、どんな服で行こうか、それに合う靴を買うべきだろうかなど、細かいことを悶々と悩むことが多かったです。

しかし行ってみたら、少し贅沢なディナーに行くときのような格好で十分なことが判明。

2回目からは、すごく気軽に参加できるようになりました。

結婚式と言っても、みんなでお祝いすればそれでよし!なオーストラリア。

当記事を参考に、緊張し過ぎずにご友人の結婚式を楽しんで下さいね。

 

RIVER FIELDでドレスをチェック/

【RIVER FIELD & CO.】でランキングを見る

楽天へはこちらから

ABOUT ME
アバター
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。