せいかつ情報

オーストラリアの結婚式!どんな格好で行けばいいの?実際の様子を在住人がレポ

オーストラリアに長期で滞在している人であれば、いつかは受け取る、友人・知人の結婚式の招待状。

招待されるのは嬉しい反面、日本と違う海外の結婚式に着ていく服や、日本でいうご祝儀について、どうすればいいのか分からないという方は、実際ものすごく多いです。

せっかくの結婚式の雰囲気を壊してしまうようなことは、招待客として絶対にしたくないですもんね。

ということで当記事では、そんな方のために、オーストラリア在住人が出席した結婚式の様子を写真付きでご紹介したいと思います。

他の出席者の方々の様子がどんなものなのか、必要なものは何なのなど、ぜひ参考にしてくださいね。

オーストラリアの結婚式『ご祝儀はいらない』

まずは誰もが気になるご祝儀問題ですが、結論からいえば、ご祝儀はいりません!(*’ω’*)

単純に、結婚式に出席して、お祝い!というスタンスで大丈夫OK。ご祝儀がないので、引き出物もありません。

日本でやる結婚式よりもかなりカジュアルな雰囲気なので、形式を気にせず気軽に参加しましょう!

 

服装は、ややフォーマルなカジュアルワンピがGOOD

服装については、ホントのことを言えば十人十色。結婚式なのにジーパンで参加する人もいれば、どっちが花嫁か分からないようなドレスでくる参加者などもいるのがオーストラリアの結婚式です。

(手前の女性のような、お呼ばれドレスで来る出席者の方もいる)

ただ、実際の結婚式の服装に悩んだ身としては、カジュアルな結婚式でもフォーマルな結婚式でも使える、カジュアルドレスが一番おすすめだと思っています。

(↑こんな感じ)

カジュアルな恰好で来て欲しいという新郎新婦や、日本で結婚式に参加するようなお呼ばれドレスでしっかり決めてほしいという方も当然いるので、確認できるようであれば彼らに前もって確認しておくといいでしょう。

もし正確なことが分からないとしても、カジュアルドレスなら、新郎新婦がフォーマル・カジュアル、どちらを選んでも無難にやり過ごせますよ。

 

ヘアスタイルは普段と同じでも大丈夫

続いてヘアスタイルですが、これも、美容院などでやってもらうような特別なセットは必要ないと言えるでしょう。

実際の結婚式に行ってみたところ、長い髪をセットせずに降ろしたままの女性も多かったです。

顔に髪の毛がかかるのが気になる方は、バレッタなどで留めておくのがベストです。

 

結婚式の基本的な流れ

では次に、オーストラリアで行われる結婚式で、出席者がどのような流れで行動していくのかを簡単に流れを見ていこうと思います。

ざっとこんな感じで式が進むのね~と理解するための参考にしてくださいね。

流れ①式場に行く

結婚式場へは、基本10分前くらいに到着できるようにしておきましょう。早すぎても誰も来ていませんし、教会側も準備中なため、あまり喜ばれません。

無事結婚式場に到着したら、受付がある場合は受付へ、受付がない場合はそのまま教会や式場の中へ入り、式が始まる前に席に着きます。(受付がない結婚式がほとんど)

もちろん、新郎新婦さんがまだ到着していなければ、教会の外で他の出席者と挨拶をしたり写真を撮ったりしてもOKです。

流れ②新婦さん入場

式場で着席して待っていると、新婦さんが子供たちに連れられてバージンロードを歩いて入場しますので、席を立ち、拍手で迎え入れてあげましょう。

流れ③誓いの言葉を神父さんが読み上げる

式中は起立したまま、司祭さんの言葉を聞きます。この所要時間はだいたい15~30分ほどです。

通常は15分ほどで済む言葉も、司祭さんが通訳を添えて話す場合は通常の2倍の長さがかかることもあります。

30分間の間、あんまり履き慣れないヒールだと立っているのがちょっとつらいかもしれません。(^^;)

(普段ヒールを履かない私は最後はしんどくなって、着席してしまいました…)

流れ④指輪交換&キス

神父さんのお話が終わると、お決まりの指輪交換&誓いのキスです。

この時も出席者は立ったまま見ることになるので、式場の後ろの方に座ってしまうと肝心の新郎新婦が見づらくなってしまうことも。(私のように…)

オーストラリアでの結婚式となると、背の高い西洋人に囲まれることが予想されるので、最初から通路横などに席を取っておくといいと思います。(*’ω’*)

流れ⑤新郎新婦が教会から退場するとき、花で祝福

(新郎新婦が出てくるの待ち中)

さて、キスが終わると、式場は一気に解散の雰囲気に包まれます。

実際のところ、式はここで終了。ですが、出席者は最後に新郎新婦が車に乗って退場するのを、花を投げて祝福してあげましょう!

式場の外には花を持った新郎新婦の友人たちが立っていると思いますので、彼らから花を受け取れば準備完了。

この花を投げかけ、盛大に見送ってあげれば、結婚式終了です。

 

オーストラリアの結婚に関する豆知識

最後に、オーストラリアの結婚と婚姻についての豆知識というか、日本との違いを少し。(*’ω’*)

 

日本での『結婚=婚姻』は、婚姻届けを市役所に提出した時点で完了しますよね。

そのあと結婚式をするカップルは多いですが、『結婚式』をするかしないかを決めるのは、それぞれのカップル次第。

結婚式をするときには、既に結婚(婚姻)しているカップルがほとんどでしょう。

ですがオーストラリアでは、『結婚式中に婚姻届けを書かなければならない』ので、結婚式=結婚(婚姻)になります。

オーストラリアでは、新郎と新婦は、結婚式を以って夫婦になるんですよ。

これを知って結婚式に参加すれば、友人や知人の結婚式への喜びもひとしおではないでしょうか。( *´艸`)

 

おわりに

オーストラリアの結婚式に出席する際の服装や髪形、また式の流れなどレビューいたしましたが、参考になりましたでしょうか。

私も実際に結婚式に行くまで、どんな服で行こうか、それに合う靴を買うべきだろうかなど、細かいことを悶々と悩むことが多かったです。

しかし行ってみたら、少し贅沢なディナーに行くときのような格好で十分なことが判明。2回目からは、すごく気軽に参加できるようになりました。

結婚式と言っても、みんなでお祝いすればそれでよし!なオーストラリア。当記事を参考に、緊張し過ぎずにご友人の結婚式を楽しんで下さいね。

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。