旅行ガイド

豪ロイヤル・ナショナルパーク観光!エイトプール行ってきました【レポ】

シドニーから快速電車で約30分でアクセス可能、かつ自然を思い切り満喫できる場所がある、

ということを、あなたは聞いたことがありますでしょうか。

『シドニー近郊で自然を満喫できる場所』と聞いて多くの方が真っ先に思い浮かべるのは、おそらくブルーマウンテンズでしょう。

しかし、今回お題にするのはブルーマウンテンズではなく、

ロイヤルナショナルパーク。

 

ブルーマウンテンズより手つかずの自然が残るこの公園!

先日訪れる機会をえることが出来たので、今回はさっそくそのレビューを書いていこうと思います。

そして、このロイヤルナショナルパークで密かに人気になっている、

エイトプールについても。( *´艸`)

『8』の形をしたことからそう呼ばれることになった自然のプールを最終目的地に、

計4時間の散策を乗り越えた様子をぜひご覧ください。笑

 

ロイヤルナショナルパークの最寄り駅 Otfordへ到着

シドニーのセントラル駅から快速電車で約30分の場所にある、Ortford(オートフォード)駅。

今回の散策は、無人駅であるこの駅からスタートしました。

 

ホームから続く階段でロイヤルナショナルパークの中へ

到着ホームから伸びているこちらの階段↓を上っていくと、ロイヤルナショナルパークの中に入ることが出来ます。

改札のない駅でなので、ついついOpalカードをタップするのを忘れないように注意してくださいね。

 

この階段を上ると、林の中に続く歩道を見つけることが出来ます。

この上り坂が思ったよりもきついです。笑

到着早々かなりハードな登り道になるので、覚悟していきましょう。

これだけでも、ロイヤルナショナルパークが自然あふれる場所だということを実感できますね。^^

 

ちなみに、Ortford駅にはトイレがありません。

と言うより、設置されてることは設置されていたのですが、入り口の鍵が閉まっていて中に入ることが出来ませんでした。(^^;)

無人駅のOrtford駅には係員がいないため、トイレ自体の鍵を開けてくれる人がいないのかも知れません…

この先ナショナルパークの中に入っていくとトイレの数はより減っていきますので、お手洗いはOrtfordに着くよりも前、

セントラル駅や乗換駅などで、前もって済ませておくと安心ですよ。(*’ω’*)

 

ロイヤルナショナルパークで登山開始!

さて、トイレはないのか…と少々この先に不安を感じながらも登山開始です。

エイトプールまでの道中、駅から歩き始めて間もないときにはこのように舗装された道が続いていました。

木陰からの光を感じながらの散策。葉が風になびく音は都会の喧騒を忘れさせてくれます。

 

自然を感じながら道なりに進んでいくと、突然このような看板が現れました。

特に迷いそうなところではなかったけれど、看板があると安心感がありますね。

この看板の指示に従って、Royal National Park方面へ向かいましょう。

ただ、山登りなんて何年ぶり…?な私は、もうこの時点でヘトヘトでした。(^^;)笑

 

開けた場所のプール施設を通過

山を抜けた先の開けた砂利道を、太陽を浴びながら歩て行くと今度は左手にプールが見えてきます。

このプールが見えたら、『最初の迷いポイント』まですぐ近くです。(*’ω’*)

最初の『どっち?』ポイントはここ。

ちょっとした広場になっている場所から伸びる分かれ道です。

この写真では左上に行くルートと右下に行くルートと2本の道が分かれていますが、左上の道の方へ進んでください。

 

そのまま山を登ったり下ったりしながら進むと、再び分かれ道にぶつかります。

こちらが第2の『どっち?』ポイント。

ここがその分かれ道です。写真の右手の方向へ進んでください。(*’ω’*)

 

エイトプールへの道のりは厳しい。手つかずの自然が残るロイヤルナショナルパーク

エイトプールまでの道中、このような、ザ・獣道!と思いたくなるような場所もありました。

このロイヤルナショナルパークでは、右も左も、とにかく大自然!

ブルーマウンテンズも歩いたことがあるけれど、それよりもはるかに『人の手の加わっていない自然』の姿をここ、

ロイヤルナショナルパークでは見ることが出来ます。

自然好きにはたまらないのではないでしょうか。( *´艸`)

大都市シドニーから電車で30分余りのところに、こんな大自然が広がっているなんて素晴らしいですよね。

すでに1時間以上歩いていたのでくたくたでしたが、↑このようなピクニックしたくなるような草原までくると、

少し疲れも吹き飛びました。( *´艸`)

険しい山道の間に奇跡的に現れたきれいな歩道に感動しながら進んでいると、

3つめ目の『どっち?』ポイントの登場します。

分かれ道なのかこれは?と思ってしまいそうなY字路が、そのポイントです。

ここでは、左の少し開けた方向へ進みましょう。

右側へ行くと多少の近道になるのですが、左側の道よりも険しくなっているので体感的に近く感じませんでした。

なのでオススメは、左の道です。笑

 

 

ひと山を越えると、海が見えてきます。

(のちに海に近づいた時の写真)

この時点で1時間半くらい山道を進んでいるので、もうここで水遊びして帰ろう…と思いたくなるほど私の体は疲労困憊。

でも、目的地であるエイトプールへはまだこの先も歩かなくては。

 

ロイヤルナショナルパークの砂浜に到着。ここまでくればもう少し

砂浜が見えてきたところで、最後の『どっち?』ポイントが見えてきます。

↑の道を進み砂浜へ下っていくと、ついついそのまままっすぐ前方へ、砂浜に沿って進んでしまいがちですが、

ここでは折り返さなくてはいけないということに注意してください。

矢印で表すとこんな感じ。

砂浜へ降りたら、来た方向へ折り返すように右折して、砂浜に沿って歩きましょう。

エイトプールへ行くにはこの砂浜を越え、岩がごつごつしている磯のような場所を越えて行きます。

見ただけで歩きにくそうな場所ですよね。笑

こんなところを延々歩く散策だったので、汗はだらだら、常に水分補給が必要でした。

私が行ったときは少し曇っていて涼しかったのですが、それがせめてもの幸いかも知れません。

それでも十分暑かったですけれどね。(^^;)

砂浜を超えたくらいになると、他の観光客の姿も多くみられるようになります。

乗り越えなきゃいけない岩が…スゴイです。サンダルで来なくて本当に良かった。(^^;)

 

そして、やっとのことで到着ーーーーー!( ;∀;)

 

ついにロイヤルナショナルパークの秘境、エイトプールに到着!

Ortford駅からこのエイトプールまで、なんと片道約2時間!

遠いよおおおお( ;∀;)

目的地に着いた時には、岩が8の形してるとかどーでも良くなるくらいの達成感でいっぱいでした。笑

こちらが、今回の目的地だったエイトプール。

確かに、岩盤が8の形にくり抜かれたようになってますね。

写真でも見てわかるようにこのプールには入ることも出来るので、中に入って記念撮影したい方は水着を持って行くといいですよ。

この日は曇っていたけれど、天気がいい日には水面に映る青が綺麗に映ると思います。( *´艸`)

 

ロイヤルナショナルパークでエイトプールを楽しむには…満潮&干潮に注意

2時間の片道登山(笑)を乗り越え、苦労してたどり着いたエイトプール。

これだけでも秘境の観光地であることは間違いないけれど、このプールが珍しい理由は実はほかにもあるんです。

それは、干潮時しか楽しむことが出来ないということ。

 

満潮時にはこのエイトプールは海面に沈んでしまうので、

来る時間を間違えてしまうと長距離を歩いたにも関わらずその姿を拝めることは出来ません。

そんなことがないように、ロイヤルナショナルパークのホームページでこのエイトプールの

  • 干潮時刻
  • 満潮時刻
  • 天気予報

などの情報を毎日更新してくれているので、そちらで時刻を確認してから観光に向かいましょう。(*’ω’*)

 

ロイヤルナショナルパーク観光情報

最後に、ロイヤルナショナルパークの観光情報を少しご紹介します。

アクセスセントラル駅から電車で30分
料金大人片道 4.73ドル
おすすめ時期10月から2月
備考水分補給はしっかりと!

 

非常に大事な干潮、満潮、天気やパーキングなどのリアルタイム情報は、

こちらのオフィシャルサイト>>NSW Royal National Park Info.から確認できます。

 

最後に、私がロイヤルナショナルパーク散策に持って行ってよかったな、と思ったものもご紹介しますね。

ハードな散策と思って臨むと、準備バッチリで行けるかも知れません。(*’ω’*)

持ち物

  • 水2L
  • ポケットティッシュ
  • ゴミ袋1つ
  • 折りたたみ傘
  • 日焼け止め

服装

  • 動きやすい格好
  • 帽子

 

ロイヤルナショナルパーク&エイトプール【レビュー】まとめ

今回は、ロイヤルナショナルパークの中にあるエイトプールへ向かったときの様子をレビューさせていただきましたが、

参考になりましたでしょうか。

 

オーストラリアと言ったら真っ先に浮かぶのは、やはり『大自然』の文字。

その自然を大都会のすぐ近くで味わえる、ロイヤルナショナルパークへぜひ行ってみてくださいね。

息抜きにと思って行ってみましたが、家に普段引きこもっている主婦としては、かなりハードな散策でした。笑

みなさんも、覚悟して楽しんで下さい。( *´艸`)笑

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です