ビューティー

【女性】海外の生理用品が合わない人へ。オーストラリア在住ですが私これ使ってます

海外生活をしていてもどうしても切り離せない生理用品問題。

海外の生理用品が

  • 固かったり
  • 通気性が悪かったり
  • 素材が肌に合わなかったり

して悩んでいる方のために、オーストラリア在住人が使ってるナプキンについて今日はご紹介しようと思います。

デリケートゾーンの肌荒れがあまりにひどかった私でも使える、

  • 肌荒れの問題なく
  • 肌触りもよくて
  • 薄い

ナプキンです。

他のものに比べると価格が少し高いですが、使い心地はいいものなので困った時の参考にしてみてください。(*’ω’*)

海外の生理用品『トムオーガニック』を使ってます

私が使っているのは、この『TOM ORGANIC』という名前のナプキンです。

値段は1箱6オーストラリアドルくらい。10枚入りで480円くらいになるので、

価格としてはちょっと高い…ですよね。笑

普通のナプキン以外にも、ライナー、タンポンもあります。

でも、高いだけあって使い心地もよく、本当にやばかった私のデリケートゾーンを悪化させずにやり過ごすのを手伝ってくれた優れものです。

あとで詳しくデリケートゾーンのトラブルについてもお話いたしますが、

まずは、私がこのTOM ORGANICを使っている、そしてオススメする理由を3つをご紹介していきます。

 

『トムオーガニック』をすすめるポイント

①素材が薄いので、使っていて違和感が少ない

まずは、素材が非常に薄いこと。

これが、この生理用品のいいところの1つ目です。

この写真だけでもお分かりいただけると思いますが、すごく薄い。

海外の生理用品って、いつの時代のですか?って言いたくなるくらい厚いものばっかりで、

歩く時の違和感がスゴイ、という経験ありませんか。

歩くたびにカサカサ聞こえる気がするというか…(^^;)

生地が薄いので、その違和感を感じず使えて個人的にとてもおすすめです。

 

特に海外での夏は、日本以上に肌を見せる機会が増えると思います。

海外では、二の腕の太さも足の太さも気にならなくなりますからね。( *´艸`)

薄着をしたいのに厚いナプキンはイヤ…そんなときに、この薄さは重宝すると思いますよ。

 

ちなみに、厚みがないと地味に気になる吸水力ですが、普通に使っている分には問題ありません。

色々個人差はあると思いますが、ほかの生理用品と同じ吸水性なのに、かなり薄いものだと思っていただけたらいいと思います。

 

②他の生理用品ブランドのものに比べて肌触りがいい

つづいては触り心地です。

オーガニックのものって聞くと、なんとなく薬風でガサガサしているイメージ(漢方とかなんかそんな感じなので。笑)だったのですが、

TOMは日本の生理用品みたいになめらかな肌触り。

付けた感じもサラサラで、かなりお気に入りです。

オーストラリアに限らず海外でのVIOケアをしたことがある方だと分かるかもしれませんが、

ナプキンが肌に引っかかるあの感じ、がありません。

正直これが一番、嬉しいです。( *´艸`)

 

③肌荒れしない(大事)

私がこのTOMを使い始めたそもそもの理由なのですが、『肌荒れ』が悪化しないで使い続けることができること。

これが、TOMナプキンのいいところの3つ目です。

 

勘違いを避けるためにお伝えしたいことは、別にこのTOMナプキンを使っても肌荒れが治るわけではないということです。笑

言ってしまえば、今までのナプキンで起こってしまっていた酷い肌荒れが起こらないようになり、

生理中も普通にナプキンを使えるようになったよ、というだけのものです。

 

でも、海外で快適なナプキンを見つけるのって意外に大変。

なかなか肌に合うものが見つからずVI部分がずっと痒いままの状態だった私でも、やっと『普通に』使うことが出来るものを見つけました。

この『肌荒れしない』という事実は、海外生活でずっとTOMを使い続けようと思う理由です。

 

 

『こんなの日本で起こらなかったのに』ってことも、海外にいると起こってしまったりするもの。

そんな時に、どっかでTOMがいいって読んだなあ、と思い出してくださると嬉しいです。( *´艸`)

 

私体験談:生理用品でのトラブル。とにかく痒かった…

ここで、わざわざ高いナプキンを買うハメになった私のお肌トラブルですが、一番大きな原因、それが、

かゆみ

でした。

デリケートゾーンが痒いなんて恥ずかしい、なんて生ぬるいものではなく、

夜寝れないくらいに毎日痒かったんです。

原因が判明するまでは、何かの病気かと思っていたくらい。( ;∀;)

結局、『汗疹(あせも)』が悪化してひどい状況になっていただけだったのですが、

  • 月1で来る生理で使うナプキン
  • 毎日つけるライナー

のせいで蒸れるし擦れるし痒いし痛いしで、大変な時期がありました。それくらい酷かったので、

高くてもいいから肌にいいやつを!

と思い買った、初めてのオーガニック素材ナプキンがTOMでした。

結果、これがたまたま良かったのでこのようにおすすめしているんですけれどね。( *´艸`)

 

このデリケートゾーンのトラブルは、海外生活でのストレス、環境の変化など色々の原因が重なってのことだったかもしれませんが、

かゆみは本当につらいものです。

 

歩き方もなんだか変になるし、イライラするし、トイレに行くたび不快だし、彼氏などがいたらいろいろ困ります。

でも、だからと言ってナプキンや下着を使わないわけにいかないのも事実。

万が一困ったときには、こんな意見もあるのか、と参考にしてみてください。(*’ω’*)

 

まとめ:生理用品でのトラブルでも出来れば病院行こうね。

今回は、少し込み入った話、生理用品とデリケートゾーントラブルについてお話させていただきました。

読んでくださった方の参考になると幸いです。

かゆいの本当つらいですから。( ;∀;)

 

色々とご説明してきましたが、最も大切なことは、

このようなお肌のトラブルが出た場合は最初に病院に行くことなので、それだけは忘れないでくださいね。笑

この記事で、ナプキンに困っている方が少しでも快適な海外生活を送れますように!( *´艸`)

 

では、最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。