旅行ガイド

クリスマスデコレーションされたシドニーQVBがめっちゃ綺麗だったのでレポ

こんにちは、りなきむです。(*’ω’*)

シドニーのすみっこ住みのため、普段はあまり中心街の方まで出向かない引きこもり女ですが、

先日、シドニー中心部にあるQBV(Queen Victoria Building)へ友人と行ってきました。

もうクリスマスまで2週間を切っている時期なので、ビルの中もクリスマス一色。

そのデコレーションが綺麗だったので、簡単なレポをしようと思います。

非常に短いレポですが、ぜひお付き合いください。( *´艸`)

 

これが普段のシドニーQVB

出典:http://www.visitsydneyaustralia.com.au/

Queen Victoria Building(QVB)は、シドニー中心のタウンホール駅の目の前にある、ロマネスク調のデザインの建物のことです。

19世紀に初めてデザインされたのち、現在の姿になったのは1986年のこと。

もともとのデザインを活かした内装はとてもオシャレで、中を歩いているだけでもわくわくする造りになっています。

QVBは、このような作りの建物の中に高級ブランドショップ多く並ぶ、シドニー指折りのショッピングセンターです。

 

クリスマスになると、ロマンチックな装飾が登場

このQVBは、季節ごとに特徴ある装飾で利用客を楽しませてくれるのが特徴です。

中でもクリスマスは別格。

キラキラしているものが好きな私は、どうしてもわくわくしてしまいます。笑

 

今回見つけたのはこれ、スワロフスキープレゼンツの期間限定オブジェが登場していました。

雪の結晶のようなガラスの玉に、オレンジの光が反射する様子は圧巻です。

 

近くで見るとこんな感じ。

うっすらとガラスに、『QVB』の文字が浮かび上がっているのが見えますね。(*’ω’*)

傘のような部分の装飾を近くで見てみるとこんな風に、雪の結晶の形を模してあります。

これだけでも、なんだかウットリしちゃいますよね。( *´艸`)

 

クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれるものの1つに、常時設置のステンドグラスもあります。

普段からあるものなのになんだか特別なもののような気がしてくるのは、きっとクリスマスマジックというやつのせい。( *´艸`)

ちょっとしたデートにいいかもしれません。

このステンドグラスの前に立って記念撮影をしても、なんだかインスタ映えしそうな気がします。笑

 

まとめ

非常に短い記事でしたが、いつも以上に美しいQVBをお楽しみいただけたらと思ってこのような記事を書かせていただきました。

ずっとシドニーに住んでいる方も、常に目の前にあるがゆえに『行かない』なんてもったいないことをせずに、

季節ごとのQVBデコレーションを楽しんでみてください。(*’ω’*)

季節の移り変わりを感じるのが大好きな、日本人好みの楽しみ方だと思いますよ。( *´艸`)

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です