せいかつ情報

【オーストラリアで格安生活】少しでも安く!生活雑貨が買える店3選

オーストラリアに住んでいてオーストラリアの最低賃金をもらっていれば問題ないこの国の物価も、

ワーキングホリデーなどで初めてこの国に来る人にとっては、お財布を苦しめる厄介なものです。

特に、新生活を始めるにあたって色々なもの、

  • ドライヤーなどの家電
  • シェアハウス用の調味料
  • ちょっとした小物
  • 衣料品

などを買おうと思うと、きっとあなたが思う以上に出費することになるでしょう。

実際にワーホリに来た私が出費した額は、1か月で25万。

日本での新卒正社員の給料1か月分が丸々飛んでいくわけです。

出来れば、こうした出費は低く済ませたいですよね。ということで、この記事では、

この出費を少しでも抑えてオーストラリアのスーパーで買うより安く生活雑貨を手に入れられるお店3店をご紹介します。

 

ちなみに私は、これから一番最初にご紹介するKmart(ケーマート)が一番好きでおすすめです。(*’ω’*)

雑貨のデザインも割とよく、値段の割にオシャレなものが多いですよ。

オーストラリアでお得に買い物するためのお店

Kmart(ケーマート) 最も安い!雑貨はここで

まずは、私のおすすめ『ケーマート』。

品ぞろえもいいし、全体的に価格も抑えめ。

大型ショッピングセンターの中に行けば大体見つかるため、オーストラリアに来たばかりの頃は重宝すると思います。

キッチン用品類が1.5ドル。

物価の高いオーストラリア(とりわけシドニー)で、100均のような感覚で買い物をすることが出来るので、

節約大好き日本人にとってはとてもありがたいお店です。

雑貨のみならず、衣料品や靴も安いです。

私も、このケーマートで10ドル(約800円)で買ったサンダルを2年近く履いています。

シンプルだけど、洋服を選ばないので個人的に気に入っています。

これが800円ならお買い得ですよね。(*’ω’*)

 

さらに、扇風機もたったの15ドル。

ワーホリで来た方にとっては運ぶのが大変かも知れませんが、暑いくせにエアコンがない家が意外に多いので、どうしてもという場合に重宝するかも。笑

 

ちなみに、私がオーストラリアに来て買ったドライヤーもここ、ケーマートから。

これは確か15ドルだった、と思います。

多少音は気になるものの、今でも現役で使えていますし、何より安かったのでコスパがいい感じ

そのうち帰国しようと思っているのに、日本で使えないものにお金をかけるのは気が引けますもんね。

 

個人的に驚いたことは、50ドルで釣り竿まで購入できること。

さすがにこういったものは日本から持ってこれないので、

『オーストラリアでアウトドアを楽しみたい、でもツールがない』なんて時に、

とりあえずケーマートに駆け込めばいい、という安心感も嬉しいですよね。

キッチン用品以外にも、

  • 洗濯系雑貨(物干しツールとか)
  • ペット雑貨
  • 寝室用品

なども、なんと5ドルくらいから安く手に入ります。

とにかく安く済ませたい!ということであれば、ケーマートが一番おすすめです。

 

ちなみに、オーストラリアの大手スーパーColes(コールス)のポイントカードの利用も可能なので、レジで忘れずかざしておきましょう。

 

Target(ターゲット)

続いて『ターゲット』。商品の質もケーマートよりはいい印象ですが、値段は全体的に高め。

このお店は、入り口に女性用の服などが陳列されていることが多く女性のお客さんがメインターゲットなのかな、という印象です。

マタニティグッズも他の店より豊富ですし、子供服の品ぞろえも多め。

女性が喜ぶ色、デザインのモノが多いお店です。

 

店内では、さっそく料理好きな人が喜びそうな調味料スタンドなどを発見。

オシャレなキッチンにしたい、なんて主婦の方が喜びそうなものですよね。こんなものが家にあったら、ブルジョワ感がすごくなりそう。( *´艸`)

 

ボディークリームセットも、なんだかラブリーな色合いでした。

化粧品や美容系商品は、ケーマートよりターゲットの方が、オシャレなものが多いです。

生地が厚くしっかりめの素材の靴も可愛い系。笑

陳列れてる商品に店舗差、地域差はあるはずですが、クッションがピンクだったり、置物の形がパイナップル型だったりと可愛い系が多かったため、

シックな雑貨でシックな部屋作りがしたいならケーマートの方がいいかも知れません。

 

Big W(ビックダブル)

出典:https://www.retailbiz.com.au

店舗数は多くないものの、オーストラリアのスーパーマーケット『Woolworth』と同系統のお店『ビックダブル』もあります。

Woolworthウルワスが、工場から仲介を通さず店舗に届けることで安く商品を提供するようにと設立されたお店です。

もちろん、ウルワスのポイントカードも利用可能。

ラインナップは悪くなく、上記2店舗と同じように、

  • 家具
  • 衣料品
  • 生活雑貨
  • ゲーム

さらには

  • BBQセット
  • バルコニーセット
  • テント

など売っています。

でも、やはり目に付くのは洋服。触ってみると分かりますが、生地が厚く、ペラペラで透けてしまうようなものではないのが好印象。

 

郊外に多く店舗を構えているためか、学生や若者のためにファッション性を追求していると言うよりは、

お母さま方、お父様方が納得するような質重視、って感じがします。

ウルワス系統なので、価格帯は少々高め。

少し長持ちするモノが欲しいな、と言う時に利用するといいでしょう。

 

ワーホリメーカーが真っ先に買うであろう家電『ドライヤー』は30~40ドルくらいで、

ドライヤーの次に買うであろう、ルームシェア用『ブランケット』は60ドルくらいでした。

専門店で買うよりは圧倒的に安いけど、それでもケーマートとターゲットという2大格安店の方が安めなので、

この2つの店舗が近くにないときに利用してみるのがいいかもしれませんね。

 

まとめ:オーストラリアの物価は高い!賢く買い物しよう

値段=質な海外、そしてオーストラリアで、そこそこ質が良くて値段も高すぎないお店を3つご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか。

ワーホリに初めて来たときに、どこで何を買えばいいかよく分からず、ワタワタした経験があったので、

次にワーホリに来る方の参考にと今回の記事を書かせていただきました。

 

とにもかくにも、一番安いのはケーマート、続いてターゲット、と言う感じなので、

迷ったらまずは『ケーマート』から探してみてください。(*’ω’*)

あわせて読みたい
【オーストラリアの4大スーパー】ご紹介!お得に買い物を楽しもう!以前、 こちらの記事でオーストラリアの物価についてお話しましたが、物価の高さに驚かれませんでしたか? 2円、3円単位で細かく...
あわせて読みたい
女性必見【日本製以外ムリ!】日本から持ってきてよかったもの15選海外生活に必要になるものって何だろうなって思ったことありますか? パソコン? シャンプー? いいえ! 実は、...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。りなきむと一緒に暮らすにゃんこのブログ『ぜんちゃんのいる生活』はここから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です