交通

シドニー【4大・交通機関】乗り方から料金表まで、在住人がやさしく教えるよ

この記事では、シドニーでの移動の主となる、

  1. 電車
  2. バス
  3. フェリー
  4. 路面電車

の4つの交通機関の乗り方や料金料、乗る際の注意点などについて解説いたします。

 

  • 観光や留学などでオーストラリアに行くことになったけど、ホテルまでの移動手段がイマイチよく分からない…
  • 交通機関を利用するときに日本と違うことって?

 

出発前にこれらの情報を知っておくだけで、移動もよりスムーズに、貴重な時間も節約することが出来ます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

またこの記事は、シドニーで観光&生活するにあたって必要不可欠な、ーパルカード』を持っていることを前提にお話していきますので、

そもそもオーパルカードって?

という方はこちらの記事もご一緒にお読みください。>>【シドニー移動の出需品!】オーパルカードの入手方法&割引の使い方

 

交通機関① シドニー『電車』について

まずは交通機関の王道、電車から。

シドニーで観光地を巡るなら、『電車』は一番使いやすい交通機関です。

シドニーの主要な観光地周辺を回るうえに、日本人が最も慣れ親しんでいる乗り物の1つなので抵抗感なく利用することが出来ます。

シドニーのような一方通行の道路が多い街でよく起こる『行きと帰りのバス停の場所が違う』なんて煩わしいこともありませんので、

観光初心者の方でも簡単に使える移動手段です。

 

改札がある場合の電車への乗り方

シドニーのメインストリート沿いや、ターミナル駅から電車に乗る場合

駅でこのような改札が設置されているのを目にすることができます。

みどり色の矢印→のゲートが入場用、赤いバツ印Xが退場用のゲートとなっていますので、

緑色の入場用ゲートから中に入りホームへ向かいます。

その際、改札【右手側】に設置してある、この円形の読み込み装置に、お持ちのオーパルカードをタップしてください。

きちんとタップできていればゲートが開くので、そのまま前に進んでいただいて大丈夫です。

日本の改札と比べると、センサーの反応がかなり遅いので、しっかりタップできているか確認してから進みましょう。

 

改札がない場合の電車への乗り方

もし改札がない駅を利用する際は、駅入り口付近か、ホームに入る階段付近にポールを探してみましょう。

しれっと立っていることが多いので、最初は『どこだよ…』と戸惑うかも知れません。(^^;)

これさえ見つければ、あとは通常の改札と同じように、円形のところにタップするだけ。

降りるときも同じです。

 

シドニーでタップをし忘れて無賃乗車をしてしまうと、その路線で一番遠くまで行った時の料金が罰金として科せられてしまいます。

私は昔、この電車の乗り方を知らずにそのまま電車に乗り込んだところ、見事に無賃乗車扱いになって多額のお金がオーパルカードから引かれたことがあります。(^^;)

そんな悲しいことにならないように、タップし忘れには注意してくださいね。

 

自分の乗るべき電車のホームの探し方

駅に着くと、このような案内板を見つけることが出来ます。

大きな駅だと、この案内板が6枚立て続けに並んでいることもありますが、見方はいつも同じです。

上から、

  1. 路線名&行き先
  2. その電車が到着するホーム
  3. 停車駅一覧
  4. 発車までの残り時間
  5. 次に続く電車

の順に表示されていますので、

自分の目的地に着くには『何線』に乗ればいいのか、その電車は何番ホームに着くのか、を確認しましょう。

 

シドニーの電車路線一覧

出典:https://www.airportlink.com.au/

シドニーの路線は東京みたいに多くないので、確認が簡単で嬉しいですね。(*’ω’*)

複雑な路線もなくシンプルなので、すぐに馴染めると思います。

 

  1. セントラル駅
  2. タウンホール駅
  3. ウィンヤード駅
  4. サーキュラーキー駅
  5. サンジェームズ駅
  6. ミュージアム駅

この6つの駅が、シドニー市内を回るメイン駅。

画像右上の環状線になってる場所が、そのメイン駅がある場所に当たります。

特にセントラル駅は、シドニーから各方面に向かう電車が停車するターミナル駅となりますので、何かと利用することも多くなるでしょう。

シドニー空港へのアクセスも、このセントラル駅から可能です。

 

もし上の画像で見づらいという方は、こちらからPDF高画質で確認できます。>>Sydney Trains Network2018

 

シドニーでの電車の料金表

続いて、シドニーで電車を利用する際の料金について。

移動する距離によって料金が設定されているので、以下の表を参考にしてください。

距離大人料金(オフラッシュ時)
0 – 10 km$3.54
($2.47 off-peak)
10 – 20 km$4.40
($3.08 off-peak)
20 – 35 km$5.05
($3.53 off-peak)
35 – 65 km$6.76
($4.73 off-peak)
65+ km$8.69
($6.08 off-peak)

※オーパルカードを利用した時の金額。切符はこれより1ドルから1.5ドルほど割高。

参考:Sydney Transport.info

 

ブルーマウンテンなどの郊外に行く場合は、65㎞オーバーの料金が適用

市内観光であれば、10㎞以内の料金が適用になることが普通です。

よほど遠くへ行くことでもなければ、電車賃が高くなる、なんて心配をする必要はないでしょう。

とはいっても、日本の運賃と比べてしまうと、短距離移動でも割高感は否めません。(^^;)

 

でも、沢山使えば使うほど運賃は安くなる。

シドニーの交通機関は、そんな割引が豊富なシステムになっているので、その割引に関して知りたい方は、こちら記事もぜひお読みください。

>>【シドニー移動の出需品!】オーパルカードの入手方法&割引の使い方

 

交通機関② シドニー『バス』について

続いて、バス。

シドニーで、電車が行き届かない郊外などにまで路線があるバスは、シドニー生活には切っても切り離せない乗り物です。

利用すれば電車より早く、より楽にアクセスできる場合もあります。ぜひ一目通しておきましょう。

 

シドニーでのバスの乗り方

バス停で目的のバスが近づいてきているのを見つけたら、手を挙げて合図することを忘れないようにしましょう。

こちらがバスに気が付いているのに何の合図もしないと、運転手は『ああ、乗らないのか』と判断し、

スルーしますので気を付けてください。

 

バスを止めることが出来たら、ドア周辺にあるオーパルカード読み取り機にタップし、乗り込みます。

これが、電車でいう『改札』ですね。

ピッという音が鳴れば大丈夫。降りる際も、乗車時と同じようにタップしましょう。これで、正しい料金がカードから自動で引かれます。

 

シドニーでバスを利用する際の注意点

バスを利用する際に知っていてほしいことが1つあります。それがこれです。

シドニーのバスには、停車場所を知らせる電光掲示板などはない!

シドニーのバスにはバス停を案内するシステムはありませんので、降りる場所を探すときに注意する必要があります。

運転手さんも、『次は…です』と言ってくれないですし、そのようなことを知らせてくれる音声なども勿論ありません。

 

じゃあどうやって降りる場所を把握するのかと言えば…【景色】です。

  • この交差点を過ぎたら次下りなきゃ
  • この看板が見えたらもうすぐだ

という感じで現地の人はバスを利用しています。でも、観光で来た方にとって同じことをするのは至難の業ですよね。(^^;)

ですので、シドニーでバスを利用する際はグーグルマップを使ってみてください。

Google マップ -  乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

知らない方もいらっしゃると思いますが、ネットに繋がっていなくてもグーグルマップは使えます。

検索することは出来なくても、GPSで自分がいる位置を逐一把握することが出来るので、その機能を利用して目的地の近くまで行きましょう。

ただ、検索もできるようにしておけば、目的地までのより正確な距離が把握できるのも事実なので、心配な方は、出国前にWIFIなどを借りておくといいかもしれません。>>海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

 

その他の手段として、大きなターミナル駅、タウンホール駅やセントラル駅に近いバス停では、沢山の人が降りるので、

それを参考に、ご自身が駅に着いたかどうかを確認することも出来ます。

りなきむ
りなきむ
どちらにしても景色頼り。汗

 

目的地周辺だな、と思うところまで来れたら、車内のあちこちにある赤いボタンで運転手に知らせ、下車しましょう。

 

シドニーのバス路線一覧

シドニーの電車と違い、あまりに多くのバス路線が走っているためすべての路線を1枚の紙で示したものはないのですが、

次のページで各エリアのバス路線表を確認することが出来ます。

>>Bus Operator Maps/Transportnsw.info

 

上記サイトから見ていただくと分かりますが、シドニーだけでも13枚の路線地図に分かれているので、目的のバス停を探すのがこれまた大変。

そこで役に立つのが、このアプリです。

TripView Lite

TripView Lite

TripView Pty Ltd無料posted withアプリーチ

 

シドニーの交通機関を網羅しているナビタ〇ムのようなアプリですが、

このアプリなしではシドニーのバスは利用できないと言えるほど便利なので、ぜひダウンロードしておきましょう。

行き先や目的地、また現在地からバス停を探せ、自分が乗るべき路線も一目でわかるようになっています。

 

シドニーバスの料金表

シドニーバスの料金表はこちら。

距離大人料金
0 – 3 km$2.20
3 – 8 km$3.66
8+ km$4.71

※上記の料金表は、オーパルカードを利用した時の金額。切符はこれより割高。

参考:Sydney Transport.info

 

この料金表を見ていただくと分かるように、8㎞以上遠くに行く場合は、乗車料金が一定になるバスを利用すると格安でアクセスできます。

市内から少し離れた観光地に行くときは、電車だけでなくバスでのアクセス方法があるのか調べてみてください。

お得な路線が見つかるかも知れませんよ。(*’ω’*)

 

交通機関③ シドニー『フェリー』の乗り方

オーストラリアと言ったら海!夏と言ったらビーチ!

大都会から1時間もかからずに穴場ビーチへアクセスできるフェリーは、シドニー観光には必須級の移動手段です。

オペラハウスを海から眺めるのにもGOODなこの乗り物について、さくさくっと解説していきます。

 

フェリーの乗り方

シドニーには1から6までのフェリー乗り場が存在するので、ご自身の行き先を確認し、目的の乗り場へ向かいます。

フェリー乗り場入り口には、日本でもよく見る改札のようなゲートが設置されているので、

入場ゲート付近にあるタップセンサーに、オーパルカードをかざして入場します。

あとは、奥に見える広場で待つだけ。

ベンチが設置されていたりするので、太陽の光をサンサンと浴びながらのんびりフェリーを待ちましょう。

 

目的地へ行くフェリーの探し方

『目的地へ行くフェリー乗り場の探し方』ですが、フェリー乗り場前に設置されているこちらの案内板を見ることで解決できます。

ここに、

  • 〇〇時に
  • 〇〇行きのフェリーが
  • 〇〇番乗り場から出発する

という情報が書かれています。拡大すると、こんな感じです。

この案内表をもとに、目的のフェリー乗り場へ向かいましょう。

出発までに時間が余っている場合は、お近くのレストランで食事など楽しんでもいいかもしれませんね。

 

シドニーのフェリー路線 一覧

参考:Transitmaps

全7種類の路線で、

  • ワトソンズ・ベイ
  • マンリー・ビーチ
  • トロンガ・ズー
  • ルナパーク

などの観光地へ乗り換えなしの1本で簡単にアクセスできるフェリー。

この地図も参考に、観光プランを練ってみてください。( *´艸`)

 

特に、F5ルートのキリビリ駅から見るオペラハウスとハーバーブリッジの景色は一見の価値あり。

それから、F1ルート、マンリー行きのフェリーは特に揺れるので、船酔いしやすい方は薬を持って行っておくと安心です。

 

シドニーのフェリー料金表

距離大人料金
0 – 9 km$6.01
9+ km$7.51
Newcastle Stockton Ferry$2.20

※上記の料金表は、オーパルカードを利用した時の金額。切符は、これより割高。

参考:Sydney Transport.info

フェリー料金は、電車やバスに比べ少々割高。

しかしながら、海路を利用し、海からオペラハウスやハーバーブリッジを眺めるためのオプション料金だと考えれば安いものです。

キリビリに行くついでに後ろを振り返れば、こんな感じの、陸からでは見ることが出来ない景色を楽しむことが出来ますよ。( *´艸`)

 

交通機関④ シドニー『路面電車』の乗り方

最後に、ライトレールと呼ばれる路面電車に関してご説明いたします。

路面電車も、例にもれずオーパルカードのタップだけ忘れないようにすれば、普通の電車と同じような移動手段として利用できます。

 

路面電車の乗り方

路面電車の駅はこのように、普通の道路や歩道に隣接されて存在しています。

知らなければ素通りしてしまいそうなくらいシンプルな作りなので、慣れるまでは路線図と地図を見ながら探していきましょう。

市内ではこのようにシンプルな駅も、郊外に出ていくともう少し『駅』のような作りの停車地に変化していきます。

郊外での方が、路面電車の駅は探しやすいことでしょう。

 

シドニー路面電車の路線

こちらが、2018年11月現在のシドニー路面電車の路線図です。

今のところ1路線しかありませんが、現在、シドニー市内を走る路面電車を増やすための拡張工事が街中で行われています。

シドニーのメインストリートを縦断する路面電車に乗って、楽にシドニー中を移動できるようになる日も、そう遠くないはずです。

 

路面電車で行ける観光地はそれほど多くはありませんが、

  1. セントラル駅
  2. ヘイマーケット
  3. ダーリングハーバー
  4. フィッシュマーケット

のすぐ近くまで乗せていってくれます。

本来、歩くと15分くらいかかる『セントラル駅⇔ダーリングハーバー』も、路面電車だ5分かからずアクセスできます。

歩くのに疲れたら、ぜひ利用してみてくださいね。(*’ω’*)

 

シドニー路面電車の料金表

距離大人料金
0 – 3 km$2.20
3 – 8 km$3.66

※上記の料金表は、オーパルカードを利用した時の金額。切符はこれより割高。

参考:Sydney Transport.info

観光に来た方が路面電車(ライトレール)を最も使う機会と言えば、セントラル駅⇔ダーリングハーバーになりますが、

この距離であれば、運賃は最安値の2,20ドル。これだけ安ければ、気兼ねなく利用できますね。

 

セントラル駅から出発したライトレールは、

  1. セントラル駅
  2. ヘイマーケット
  3. ダーリングハーバー
  4. フィッシュマーケット

の順に止まったあと、市外へ向けて出発します。

観光に来るほとんどの方のライトレール利用はこのフィッシュマーケットまで。

フィッシュマーケット観光の後、のんびり歩きながら市内へ向かえば、シドニーの街並みを楽しみつつ、疲れ知らずな観光ができますよ。

 

シドニー交通機関 まとめ

シドニーのメイン交通機関、

  1. 電車
  2. バス
  3. フェリー
  4. ライトレール(路面電車)

について解説させていただきましたが、少しでもご理解いただけたでしょうか。

 

日本の街に比べれば、シドニーは小さく、交通機関をがっつり利用し観光、ということはあまりないかも知れません。

でも、短い観光日程を有効的に使うために、こんな移動手段があるんだなあ、と知っておいてくださると嬉しいです。

シドニー交通に関連する記事もございますので、よければぜひ読んでいってください。

あわせて読みたい
【シドニー移動の出需品!】オーパルカードの入手方法&割引の使い方今回は、シドニーでの観光、そして生活に必要不可欠な オーパルカードについて詳しくお話いたします! 日本のSuicaのように、とても便...
あわせて読みたい
【シドニー】空港⇔街までのアクセス方法!4つの交通機関を比較してご紹介!海外旅行やワーホリで日本を出られる方にとって、 現地の空港についてから予約したホテルやホームステイ先に行くまでが、きっと最初の関門にな...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。りなきむと一緒に暮らすにゃんこのブログ『ぜんちゃんのいる生活』はここから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です