シドニー暮らし

何これすごい!オーストラリアのマックの注文システムが最先端をいってた

世界各国、どこに行っても目にすることが出来るファストフード店、マクドナルド。

いつもは出かけるのが面倒なのでデリバリーしてもらうのですが(笑)、先日友人と出かけた際に、店舗に行ってみたら、なんとびっくり!

 

注文システムが超便利じゃないか!

 

  • 直接店員さんと英語を話さなくていいので、英語が不安でも気軽に注文できる
  • サイズ変更による値段の差・カロリーまですべて表示されてる
  • 何台も設置してあるので、早くしなきゃ…と焦ることなく注文できる
  • 全部のメニューに写真が付いているのですごい分かりやすい

こんな感じの感想とともに、注文するまでの流れとオージーマック店舗を利用した様子をサクッとご紹介します。

オーストラリアのマック、注文は全てタッチパネル

駅の切符売り場や自販機、今やどこにでも設置されているタッチパネルのセルフレジ。

オーストラリアのマックでも、混雑防止や経費削減、また英語の分からないお客さんにももっと便利に利用してもらえるようにと、このシステムが導入されています。

未だ全部の店舗で導入されているわけではないにしろ、ドニー市内の主要店舗ではよく見かけることができ、

さらにものすごく便利なので、ぜひ日本にも導入してほしいものの1つです。

 

タッチパネルを使ってメニューを注文するまでの流れ

このセルフレジを使ってのオーダーは簡単で、

入り口付近に設置されている注文用のタッチパネルの1つを選び、『Start Order』をタップしてスタートするだけ。

 

これがまた簡単で、便利で、分かりやすい!

 

その様子を、写真と一緒にご紹介しますね。

 

基本メニューを選ぶ

まずは順番に見ていきましょう。

『Start Order』をタップすると、一番初めにこの画面になります。

ここで、1つ目の驚きポイント。

この日は午後4時ごろにマックに行ったのですが、なんとその時間でも朝マックのオーダーが出来たんです!

朝マックが一番好きな私としては、ぜひ全国の朝マックファンにも声を大にして伝えたいサービス。

オーストラリアのマック、いいじゃーん。( *´艸`)

 

ハンバーガーの種類を選ぶ

基本メニューを選んだら、続いてハンバーガーの選択をします。

こんな風に全部のメニューが写真付きなので、英語がわからなくても操作できます

店員さんもいちいち説明しなくていいし、お客さんにも分かりやすいしで、これはとても便利。(*’ω’*)

日本に旦那と一時帰国した時、マックで英語が聞き取れない店員さんに四苦八苦していた彼を見たので、

そういう人のためにも、日本にも取り入れてほしいものです。

 

ドリンクの種類を選ぶ

メニューを選び終えると、今度はドリンクを選ぶ画面になります。

下の方までスクロール出来るので、好きなものを探してタップするだけ。

簡単でしょう?(*’ω’*)

 

ドリンクのサイズを選ぶ

好きなドリンクを選ぶと、今度はサイズを選ぶ画面になります。

S・M・Lから選べるのですが、ここで私が

りなきむ
りなきむ
めっちゃ便利じゃんー!

 

と感動したポイントがあります。

なんとメニューの、SかMかLかを選ぶところの下に、

  • Sを選ぶと、○○ドル引きますよ
  • Mを選ぶと、○○ドルで、
  • Lを選ぶと、○○ドルですよ

ということが丁寧に書かれているんです!

これすごくないですか。( *´艸`)

写真の右上の方に拡大したものを貼っておきましたので、それを見ていただくと分かりやすいと思います。

ドリンクは小さくていいけどポテトは大きいほうがいい…なんて場合の値段の比較が一瞬で出来るスグレモノです。

 

実はこれ、私が日本でマックを利用していたときにいっつも気になっていたことだったんですよね…

セットメニューはMでいいけど、ドリンクはSがいいんだよな…と思っても、

そもそもそんなことが出来るのか聞くのも面倒だし、値段のことを聞くのも面倒。

 

こういう面倒くさがりさんでも、自分好みに注文できるの、すごいなあと純粋に感動しました。( *´艸`)

 

メニューはこれでいいですか?にAdd To Orderをタップ

さて、すべてのメニュー、サイズを選び終えたら、今度は写真の黄色いところ、

『Add To Order』をタップしましょう。

これで、今までの注文が保存されます。

 

最終的にすべてのメニューをチェックしたらお支払いへ

メニューの注文が終わったら、今度はお支払い。

お支払い画面で、すべてのメニューと値段を確認したら、

  • キャッシュ
  • デビットカード
  • クレジットカード

の3つから支払い方法を選びましょう。

支払いが終わるとレシートが印刷されるので、このレシートを忘れず受け取りましょうね。

商品を受け取る際の番号が書かれているので、とても大切になります。(*’ω’*)

 

レシートの番号がカウンターで呼ばれ、商品受け取りへ

受け取ったレシートはこんな感じ。

私の場合『141』の番号で呼ばれるまで、受取カウンター前で待ちます。

カウンターは、いつものマックと同じような感じでした。

ダルそうに商品を待つお客さんから、生活感があふれてます。笑

店員さんが大声で番号を教えてくれるので、そしたら商品を受け取って、購入完了です。(*’ω’*)

 

このとき、どの店員さんも、この番号『141』を

『ワンハンドレッド・(アンド)・フォーティーワン』

とは言わないので注意しましょうね。

『ワン・フォーティーワン』

『ワン・フォー・ワン』

と叫ぶことの方が普通なので、耳を澄まして待っていましょう。(*’ω’*)

 

マクドナルド店内の様子。結構オシャレだけどハトいる

続いて、オーストラリアのマクドナルドの店内の様子をご紹介します。

出典:Flicker,Dunedoo

 

入り口の狭さからは想像付きにくいかもしれませんが、店内は割と広々していて十分のんびりできる広さでした。

アンティーク風なデザインと色遣いになっていて、どことなくオシャレな雰囲気が漂っています。

店内に入ると、入り口にあるマックカフェカウンターの前に立っているお姉さんが笑顔で挨拶してくれます。(*’ω’*)

このお姉さんは、特に店内の案内をするわけでもなく、営業をかけるわけでもなく、普通に挨拶してくれただけだったので、

一体どんな役職なんだろうと、ついつい眺めてしまいました。

笑顔で挨拶するだけでいいなら、私も働きたいなあ。( *´艸`)

2階部分もあるので、長居する方はこちらを利用するのがおすすめ

下のフロアを眺めているだけでも、なかなか楽しめましたよ。

 

2階席でしばらく友人とお話していたら、日本だったら『衛生的に!』とかで一発苦情になりそうなこんなモノまで見れました。

 

うおい、ハト。

 

お客さんが落としたポテトやらな何やらを、つんつんしておりました。

 

おまけ:ファンタオレンジの色と味、日本と違うよね?

余談ですが、日本のファンタとオーストラリアのファンタ、絶対味違うと思います。

この写真で見ていただいても、なんだか色が濃い気がしませんか?

飲んだ時の味も、もっと甘いオレンジの飴寄りの味で、モロお子様向けの味って感じでした。

炭酸が抜けているだけかとも思いましたが…そう考えても、やっぱりなにかが違う。

 

『コーラは各国で味が違う』なんてウワサがあるくらいなので、もしかしたらファンタもそうなのかも知れません。

ファンタがお好きな方は試してみるのも、オーストラリア旅の楽しみの1つになりそうです。(*’ω’*)

 

オーストラリアのマックの注文システム まとめ

普段の生活の中でとても身近なマクドナルド。

今回はそのマクドナルドの、日本と異なる点をいくつかご紹介させていただきましたが、

少しでもお楽しみいただけたでしょうか。(*’ω’*)

 

正直に申しますと、私個人的には、特別マクドナルドが好きというわけではありません。笑

でも、毎回新しい国へ旅行に行くたび立ち寄ってしまうのは、このファストフード店が持つ魅力の1つなのかもしれません。

この国ではこうなってるんだー、って見ていくのが面白くて。( *´艸`)

 

オーストラリアに来た際はぜひ、あ~ここが日本と違うのね~なんて感じながら楽しんでいただけると嬉しいです。

\マクドナルド関連記事はこちらから/

あわせて読みたい
【現地人に大人気!】オーストラリアのファストフード店ランキング!イギリスの文化を受け継いだ、アメリカのような文化の国、オーストラリア。 人種が混ざり合っていて、 英語を話し、 食べ物がデカい。 ...
あわせて読みたい
オーストラリアのマック限定メニュー、イマイチなので女性目線で辛口レビューオーストラリアのマック限定メニュー 気軽に食べられない3つの理由 こんにちは、りなきむ(@rinakimu93)です。 突然ですが、...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。このブログについては こちらから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

POSTED COMMENT

  1. 通りすがり より:

    日本以外は大抵このシステムありますよ

    • りなきむ りなきむ より:

      コメントありがとうございます。
      確かに…アメリカとかに行ったら田舎の方でも導入されていそうです。笑
      すごく便利なので、早く日本にも導入されるといいですよね。( *´艸`)

      貴重なご意見、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です