ギリシャ人との恋愛・結婚

外国は告白ナシが普通かと思ってたけど…『本気のときはする』らしい

突然の質問ですが、外国人との関係では、『付き合ってください』という言葉がないから付き合っているかどうか分かりづらい。

という話を聞いたことがありますか?

 

キスしたらOKサイン、とか、

誰かに『ガールフレンドだ』と紹介されたらそのしるし

など、相手の行動を基準に判断するのが外国では普通、なんてことを聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

ですが、今の旦那にも、遠い学生時代に付き合っていた南米人男性にも、『付き合ってほしい』という言葉をはっきりと言われた身としては、

なかなかこれが本当がどうかわからず疑問に思っていました。

 

ということで、

ホントにそうなの?ホントに外国人は告白しないの?

ということを根掘り葉掘り、ピロートークがてらギリシャ人旦那に聞いてみました。(*’ω’*)

告白はすべき。正式にお付き合いするという表明

『告白って、ギリシャで普通するもの?』

私が彼にこう聞いたとき、

オット
オット
本当に正式な付き合いをしたいと思うならすべき。軽いノリならしない人が多い

 

という答えが返ってきました。

彼の故郷はなんだか、日本と同じような感じなんですね。

もちろん人によって考えの違いはあるのでしょうが、外国では告白ナシ、というステレオタイプが通用しないところもあるみたいです。

 

白しない場合は『遊びのまま終わってもいい』とき

日本と同じようにギリシャでも、付き合ってほしいと告白をするのは基本的に男性から。

熱き男、ギリシャ人男性としては、

『本当に好きになったら、面と向かって付き合ってほしいと言いたくなる』

らしいので、その告白がないということはつまりは…そういうこと。

 

当然、付き合ってから本気になったり、告白がなくても上手くやっていけるカップルもたくさんいますが、

告白があるというのはやはり、男性側の本気度を感じることができるポイントのようです。

 

では、【本当に好きになったら、付き合ってほしいと言いたくなる】という性分の男性が、『告白をしない理由』は一体何なのか。

その理由から、1つずつ見ていきましょう。

 

『好きだけどそこそこ』で、正式な関係にしたくないとき

まずは、付き合っているのと同じくらい頻繁に会っているし、デートもしているし、キスしたり、まあその他モロモロもしているけれど、

まだ恋に落ちているとは言い難い状況のときには、告白はしないそうです。

端的に言えば、『まだそんなに好きじゃない』状態なので、正式なカップルという関係には発展させたくない、と思うんだそう。

 

付き合っていると思ってもらっても別に構わないけど、一度『正式に』付き合ってしまうと、別れるのにも気力・体力を消耗するので、

最終的なラインを超えないでおくという、保険のような感じでしょうか。

 

日本でも、添い寝するだけの関係とか、手をつなぐだけの関係の存在が数年前に話題になっていた記憶がありますが、

そういう、告白ナシの、友達以上だけど彼氏じゃない、友達以上だけど彼女じゃない、っていう曖昧な関係が楽なのかもしれないです。

 

告白するのがメンドウだと思っているとき

告白しない理由2つ目は、告白するのが面倒だと思っているとき。

男性としては、好きな人に告白する場合に『振られるかもしれない』というリスクを背負わないといけないし、

ロマンチックな雰囲気を作ったりしないといけないなど、相手を喜ばせるために色々と手を尽くさないとならず手間がかかります。

こんな感じの理由から、告白のためにわざわざそんなことをするのが面倒、と思ってしまっている場合もあるみたいです。

 

以前、ギリシャに関する労働環境での記事>>ギリシャ人が怠け者は全くのウソ!ギリシャ人彼から学ぶギリシャ労働事情

で、日本人以上に働くギリシャ人について取り上げましたが、日本以上に仕事に費やす時間が長い環境では、

なかなか熱い男ギリシャ人の本領は発揮できないのかも知れません。

だとしても、好きなはずの人に対してメンドウ、なんて思う時点でこの男性との先はないとのことなので、

この時点できっぱり諦めてもいいかもしれません。(^^;)

 

言わなくたって分かるでしょ、と甘えているとき

これも、なんだかありそうな理由ですね。

キスしてデートしてるなら付き合ってることくらいわかるでしょ、なパターン。

確かに、西洋人らしく毎日のように好きだと言ったり、週末デートを繰り返したりしていたら、相手も普通の友人関係ではないことは察しそうです。

 

しかしオットいわく、男性から見てもこういう態度への好感度はあまり高くないとのこと。

好きな人に対して手を抜く時点で信じられない、とちょっと憤ってる様子でした。

 

お互いがお互いを好きで、関係を発展させていく意思が明らかに感じられるとき

最後、4つ目は『告白をしない』ポジティブな理由です。

お互いにお互いを好きなことが分かっていて、さらに友人・知人・親にも周知されたまま時間がたった場合、

わざわざ告白する必要はないかな、ということでした。

確かに、互いを彼氏や彼女だと思って生活して3か月が過ぎたころに突然、『付き合ってくれるかい?』なんて言われたら、

『今までは遊びかい』と、興醒めもはなはだしい。笑

 

でも、こんな場合もあるよね、と言いながら

『それでも基本、男は告白する。告白したくなる』

とのことなので、西洋人といい感じになっているけど告白がないから付き合ってるのかよく分からない…

という方でも、今後の告白は期待できそうですよ。( *´艸`)

 

告白するのは『本気』なとき

『告白』というものに大切な意味があると思う外国人男性(とりわけギリシャ人男性)もいる、ということがお分かりいただけたところで、

今度は、どんな思いで告白しているのか、ということも少し聞いてみました。

すると面白いことに、理由はたった1つのみ。

その理由は、

『お互いに付き合っているという確信をもって真剣に交際していきたい』。

 

告白は『真剣に交際していきたい』という意思表示

告白をする1番の理由は、『真剣に交際していきたいから』という一言に尽きます。

 

彼の母国ギリシャでも、今どき『告白ナシでスタートする関係』は特別珍しいものではなくなっていますが、

告白がないことで、

もしかして遊ばれているのでは?

私は本気だけど相手は違うのでは?

という疑いを持つ人は、非常に多い。

 

恋愛、パートナー関係で最も厄介と言ってもいい、『疑い』を持ったまま関係を続けることは非常に難しいです。

そういったカップルが結局『遊びだった』と破局してしまうのは、避けにくいことなのかもしれません。

 

疑いがあれば、関係が長続きしないのも分かっている。

疑いを晴らすための方法の1つが『告白』であることも知っている。

本気で関係を進めていきたいと思うなら、どうしてその疑いを晴らす努力をしないのか。

なくてもいいけれど、あることで誠意を示すことが出来るものがある。

だったら、告白しない理由がない。

 

そう語ってくれた旦那からは、確かに今でも、熱い愛を感じています。

 

ただ、この辺で彼がヒートアップしてきたので、熱くなりすぎる前に寝かせました。

 

さいごに:告白があってもなくても、結局は相手の態度次第

今回は西洋人男性の『告白論』について少しお話させていただきましたが、どう感じられましたか。(*’ω’*)

 

重たいと思われましたか。それとも、告白はすべき、と思われたでしょうか。

 

どちらにしても、2人の関係で一番大切なのは、相手への『誠意』ということだけお伝えできれば嬉しいです。(*’ω’*)

告白なんかなくたって、普段から誠実に接していれば『告白がない場合のネガティブ意見』なんて一蹴できますし、

お互いの間で信頼があるのなら、告白のアルナシに一喜一憂する必要もない。

 

相手が信頼できるパートナーかどうかは、日々の行動から感じ取っていけるといいですね。( *´艸`)

 

\恋愛に関するほかの記事もあるよ/

旦那が外国人でスゲー!と思った理由、幸せに感じる瞬間をまとめたものです。

あわせて読みたい
【旦那が外国人でよかたーと思うこと5つ】愛してるを毎日言ってくれるのホントいいギリシャ人の男性と国際結婚してからしばらく経ち、今ではギリシャ人の夫を”西洋人”だと感じなくなって久しい私ですが、 今日は、そんな彼と...

東京大神宮に行ってから、恋愛運が劇的に向上した体験談。もし近くにお住まいなら、ぜひ行ってみてほしいです。

あわせて読みたい
【縁結び効果ありすぎ】縁結び神社、東京大神宮行ったら効果やばかった誰でも一度は縁結び神社にお参りに行ったことくらいあるもの。 でも大体は何の効果もなく、お守りと思い出だけがたまっていく… というよう...

特に男性に読んでほしい、大切な人を喜ばせるためのサプライズ方法です。旦那が私にやってくれたことで、本当に嬉しかった体験から書きました。

あわせて読みたい
【女性が喜ぶ花束サプライズ】配達OK!なおすすめサイトランキング!男性の皆さん! 奥様へあげるプレゼントどうしよう、って悩んだことありませんか? 女性の好きなものとかわかんないし… 要...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。このブログについては こちらから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です