旅行ガイド

【在住人観光情報】シドニーの歴史を感じるエキナカアートがちょっと切ない

シドニー有数の観光地、オペラハウスやハーバーブリッジなどの歴史的な建造物や世界遺産を見るついでに、

『街と一体化する【エキナカアート】でシドニーの歴史を感じる』

なんていうのを旅のスパイスにするのはいかがでしょう?(*’ω’*)

 

実際に昔に使われていた『木製エスカレーター』をアートにしたある作品が、シドニー中心部のウィンヤード駅に設置されていて、

誰でも無料で楽しむことができる、ちょっとした穴場観光スポットになっています。

 

本来だったら、廃棄されてしまうはずの古いエスカレーターまでもアート作品にしてしまうなんて、

さすがシドニー、芸術大好き遊び心のある街です。( *´艸`)

 

ちょうど先日、この隠れた観光地、

エスカレーター・センセーション

を見に行ってきましたので、この作品をもっと楽しむためのちょっとした歴史も一緒にご紹介します。

ただ吊り下げられたエスカレーターだと思ったら、大間違いですよ。( *´艸`)

エスカレーター・センセーション!街になじむアート作品

1950年代に設置された木製のエスカレーターがダイナミックに飾られている姿を見ることが出来る、この、

エスカレーター・センセーション。

 

これは、シドニー中心部のタウンホール駅から1駅、ウィンヤード駅徒歩5秒のところにあるアート作品で、

実際に使われていたエスカレーターを利用して作ったものです。

金属製のエスカレーターにはない、懐かしさや、古き良き時代の雰囲気を感じることが出来る、

私のような歴史好きにはたまらない作品になっています。(*’ω’*)

しかもなんとこの木製エスカレーター、ついこの間、2017年まで使われていたんですよ。

驚きですよね。

金属製の現代的なエスカレーターが誕生した後でも、木製のモダンなエスカレーターを市民は好んで使っていたというから、このエスカレーターが

どれだけシドニー市民に愛されてきていたかが分かります。( *´艸`)

この木製エスカレーターが使用されなくなったあとは、写真のように天井に吊り下げる形で展示され、

今でも、市民に愛されたエスカレーターとして親しまれているんですよ。^^

 

1950年代から約60年間、人々を運んだエスカレーター

ここから、すこーし歴史についてお話します。(*’ω’*)

 

初めてシドニーにエスカレーターが導入されたのは1932年のこと。

この時はまだ木製のエスカレーターしかなかったものの、

混雑する主要駅で迅速に、大量の通勤客を運ぶ最新技術は非常に重宝されたそうです。

出典:Escalation Sensation

りなきむ
りなきむ
タウンホール駅の写真だよ

 

約20年の間、通勤客を運び続けたこの最初のエスカレーターは、1950年代に取り換えられることになりました。

普通だったら、当時すでに存在していた金属製の現代的なデザインのものに買い替えたくなるところですが、

そんな予想に反して、導入されたのはOTIS社の木製エスカレーターだったそう。

 

この時導入されたエスカレーターが2017年まで利用され、

現在のエスカレーター・センセーション』になっています。

このエスカレーターが引退するまでの60年間、周りがどんどん無機質でスタイリッシュな現代建築になっていく中でただ1つ、

このモダンなエスカレーターだけが異彩を放っていたことでしょうね。( *´艸`)

 

個人的には、1950年代、最新のデザインのモノがあったのにも関わらずそれに買い替えないあたりが、

なかなかオツで好きですね。

 

エスカレーター・センセーションまでのアクセス

意外にも面白い歴史をたどってきたこの木製エスカレーター。

ちょっとでも足を運んでみようかな、と思ってくれた方のために、アクセス情報もお教えします。

場所ウィンヤード駅から徒歩5秒
価格無料
混雑具合
備考ラッシュ時を避けていくとGOOD

 

ウィンヤード駅に着いたら、

この出口に行ける改札を探しましょう。

その改札の目の前に、この『エスカレーター・センセーション』は展示されています。

木製エスカレーターと対照的に、現代の金属製エスカレーターも同じ場所に設置されているので、

それらを見比べてみるのも面白いかも知れません。( *´艸`)

 

まとめ:5分で終わる観光だけど、なんか切なくなる

シドニーの隠れた穴場スポット、『エスカレーター・センセーション』をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

新しいものがどんどん生まれ、古いものは廃棄される。

そんなことを表現しているような、少し切なさも感じてしまう、このアート作品。

古いものが好きな私にとっては、なかなか好きなシドニーの穴場スポットです。( *´艸`)

 

正直、観光自体は5分くらいで終わるものなので、どこかに行くついで、もしくは時間がちょっと余ったから、

なんてときに訪ねていくのがベストだと思います。

でも、オーストラリアという新しい国の歴史を感じることが出来る、数少ない場所であることも事実。

歴史に興味のある方はぜひ、足を運んでみてくださいね。

 

\在住人の観光情報もあるよ!/

あわせて読みたい
【ほんとうは秘密にしておきたい】シドニー観光の穴場スポット6選!世界遺産や有名な観光地を巡る観光ももちろんしてほしいけど、 メジャーな観光地では感じられない、 オーストラリアという国の本当の雰囲気...
あわせて読みたい
【シドニー観光】ベストシーズンはいつ?この街の四季折々の魅力を紹介 シドニーは、一年を通して天気も最高な街。 空を見上げるのが楽しいとは、本当にシドニーの事のような気がするくらい。 今回は、シ...
あわせて読みたい
オペラハウスで初鑑賞!気になるドレスコード【私はこれ着ていきました】オーストラリアに来たら絶対行っておきたい場所の1つ、オペラハウス! オペラハウスのコンサートに行ったときに分かった、 気になるドレス...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。このブログについては こちらから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です