旅行ガイド

【ほんとうは秘密にしておきたい】シドニー観光の穴場スポット8選!

世界遺産や有名な観光地を巡る観光ももちろんしてほしいけど、

メジャーな観光地では感じられない、

オーストラリアという国の本当の雰囲気も、

この国に来るのならぜひ感じてほしい。

 

そう願う在住人による、【ほんとうは秘密にしておきたい】シドニーの穴場観光地スポット

この記事でご紹介していこうと思います。

観光客が少ないからこその【穴場スポット】。

ゆっくりのんびりなオージーとともに、オーストラリアの生活感を肌で感じてみてください。

穴場スポット①ハーバーブリッジとシドニー湾を一望『シドニー天文台公園』

まず1つ目は、ハーバーブリッジとシドニー湾を一望できる公園、『シドニー天文台公園』。

芝生の上でゆっくり海を眺めながらランチをしたり、はたまた対岸の夜景を見たりして楽しめる、

シドニー市街で最ものどかで、リラックスできるスポットです。

近くにシドニー屈指の観光地、『ザ・ロックス』もあることからアクセスもよく、

海外初心者の方でもかなりカンタンに行けちゃう、このシドニー天文台公園。

この公園への行き方など詳しいことはこちらでご紹介していますので、ぜひ見てみてください。>>ド・マイナーなのに絶景の見れる公園をご紹介。在住人の秘密基地を教えます

あわせて読みたい
ド・マイナーなのに絶景の見れる公園をご紹介。在住人の秘密基地を教えます シドニー観光といえば、 ハーバーブリッジ オペラハウス UGGでショッピング カンガルーやコアラ を見たり...

 

アクセスサーキュラーキー駅からザ・ロックスを抜けて徒歩9分。
料金無料
込み具合
おすすめ時期3月~11月
備考年末年始はイベントで込み合う可能性

 

穴場スポット②”シドニーの桜”『ジャカランダ並木』

引用:https://hiveminer.com/Tags/jacaranda%2Ckirribilli

続いての穴場スポットは、春になるとシドニーの街中に花咲く、『ジャカランダ並木』を見ることが出来る、

『ジャカランダ並木道』。

10月から11月上旬にかけて花咲く、シドニーの桜、こと

『ジャカランダ』という木のトンネルをくぐることができる穴場スポットです。

街中にあるジャカランダ

普通の住宅街に突如として現れるこのジャカランダ並木は、シドニーの街と自然の融合を感じるには絶好のスポットです。

この並木道の隣にある公園からは、シドニー湾、ジャカランダ並木を同時に眺めることもでき、

春にシドニーに来るのであればぜひ訪れてほしい場所です。

アクセスミルソンズ・ポイント駅から徒歩8分
料金無料
込み具合
おすすめ時期10月から11月上旬
備考春でも日差しは強いので、日焼け止めは忘れずに

 

穴場スポット③観光客の知らない秘密のビーチ『ラペルース・ビーチ』

観光客がこぞって行きたがるボンダイビーチやマンリーでショッピングを楽しんでもいいけど、

波の音が聞こえるくらい静かなビーチを楽しむなら『ラペルース』がおすすめ。

小さなビーチですが、波も穏やか、透き通った海を楽しめる、個人的にもすごく好きな場所です。

りなきむ
りなきむ
毎年夏になると、旦那とともに泳ぎに行っています

 

近くには、

  • フィッシュアンドチップスやシーフードを提供してくれる小さなレストラン
  • ローカルカフェ
  • ジェラートを売ってるバン

なんかも来てくれています。

各レストランには海が見えるテラス席もあるので、そこで新鮮なシーフード料理をオーダーすれば、

オーストラリアの夏は完璧!

ビーチを楽しんだあとの料理は、最高ですよ。

アクセスミュージアム駅からバスで40分ほど
料金バス代 片道4.7ドル
込み具合
おすすめ時期5月~7月
備考週末は混む可能性

 

穴場スポット④無料で野生のカンガルーと触れ合える『モーリセット』

野生のカンガルーと触れ合うなら、シドニー郊外の『モーリセット』という場所もおすすめです。

動物園でコアラを抱っこしたり、カンガルーを撫でたりするよりも、オーストラリアの大自然を感じられる、

観光ガイドに載らない穴場スポットがここ。

カンガルーのすみかに人間がお邪魔する感じなので、ぴょんぴょん飛び回るカンガルーや、

赤ちゃんをつれたお母さんカンガルーが、自然に過ごす姿を見ることが出来るのが魅力のエリアです。

アクセスセントラル駅からモーリセット駅まで2時間。そこからシャトルバスで5分。
料金シャトルバス代のみ往復6ドル
込み具合
おすすめ時期年中OK
備考持っているお菓子などを取られないよう注意

 

モーリセット観光記はこちら>>オーストラリア、野生のカンガルー生息地!モーリセットで触れ合い旅

あわせて読みたい
オーストラリア、野生のカンガルー生息地!モーリセットで触れ合い旅オーストラリアに来たら、カンガルーやコアラとの触れ合いも一大イベント。 今日は、野生のカンガルーがたくさんいるMorisset(モ...

 

穴場スポット⑤オーストラリアの伝統的な街並みが見れる『パディントン』

引用:Sydney.com

続いてのオススメは、シドニーの大通り、オックスフォード・ストリートをまっすぐ行ったところにある地域、

『パディントン』

ここは、オーストラリアの植民地時代のような家が立ち並ぶ地域。

 

薄いピンク色やみず色、きみどり色などにペイントされたカラフルな家が立ち並び、

歩いているだけでわくわくさせてくれるエリアです。

 

小さなお店で売られるかわいい洋服や家具、雑貨などをみて回るのも楽しいですし、

住宅街のいたるところにあるカフェでのんびりくつろぐのもGood!

引用:Sydney.com

両サイドに立ち並ぶ、カラフルでかわいい家に囲まれながら写真を撮れば、

シドニーでの最高の1枚になること間違いなし。

アクセスミュージアム駅からバスで15分
料金片道2.2ドル
込み具合
おすすめ時期年中OK
備考住宅街のカフェがめっちゃシャレオツ

 

穴場スポット⑥市内から徒歩8分のオシャレエリア『ピアモント』

ここは、シドニー中心の観光地ダーリングハーバーから徒歩10分とかからないところのオシャレエリア、『ピアモント』。

ただ単にのんびり歩くだけでも、ヨーロッパ風の街並みを楽しめる、私、在住人も大好きなエリアです。

 

  • 本を読みながらコーヒーが飲めるBookCafé
  • 手作り雑貨を売っている小さなショップ、
  • さらに、テラスでケーキを楽しめるお店

などがあり、女性にはたまらないエリア。

市内から近い、というのもうれしいポイントで、このエリアで楽しんだ後、隣のダーリングハーバーで夜景を見たりしてもいいかも知れません。

並木道が続くメインストリートを歩きながら、風が葉を躍らす音をのんびり聞いて過ごすのが個人的にオツ。

アクセスダーリングハーバーから徒歩8分
料金無料
込み具合
おすすめ時期春から秋
備考春~秋にかけて、若葉、新緑、紅葉を楽しめます

 

穴場スポット⑦ウィンヤード駅の『エキナカ・アート』

シドニー中心部にあるウィンヤード駅の中にあるこのオブジェ。

『エスカレーター・センセーション』

と呼ばれる、実際に過去に60年間使用されてきた木製エスカレーターを使ったアート作品です。

駅から徒歩5秒の激ちか穴場スポットで、なかなか迫力のある作品を楽しむことができます。

今ではもう使われなくなってしまった”木製”エスカレーター。

シドニーの歴史を感じ、古き良き時代を感じてみてはいかがですか?(*’ω’*)

アクセスウィンヤード駅から徒歩5秒
料金無料
込み具合
おすすめ時期年中OK
備考ラッシュ時は避けた方が無難です

このエスカレーター・センセーションに関する歴史など、詳しいレビューはこちらでしています。

気になる方は見てみて下さい。>>【在住人観光情報】シドニーの歴史を感じるエキナカアートがちょっと切ない

あわせて読みたい
【在住人観光情報】シドニーの歴史を感じるエキナカアートがちょっと切ないシドニー有数の観光地、オペラハウスやハーバーブリッジなどの歴史的な建造物や世界遺産を見るついでに、 『街と一体化する【エキナカアート】...

 

穴場スポット⑧ ハリポタ風の雰囲気を楽しめる『NSW州立図書館』

シドニー中心街のマルティンプレイス駅から徒歩5分ほどのところにある、

『NSW州立図書館』

ハリポタの雰囲気が気軽に味わえると、在住人がおすすめする場所です。

ガイドブックに載っていない場所のため観光客はかなり少なめ。海外からのお客さんがちらほら見える程度の隠れ穴場スポットです。

この部屋はもともと、1人の男性が寄付した本を収めるために作られたというから驚き。

写真のような、レトロ感満載の知の宝庫へ足を運んでみては?

アクセスマルティンプレイス駅から徒歩5分
料金無料
込み具合
おすすめ時期特になし
備考図書館と同時にエキシビジョンも楽しめます

行った時の詳しいレビューはこちらからどうぞ。>>ねえ知ってる?【ハリポタの雰囲気を楽しめる図書館】がシドニーにあるんだって

あわせて読みたい
ねえ知ってる?【ハリポタの雰囲気を楽しめる図書館】がシドニーにあるんだってレトロな景色や建物が好きな方、古い本の香りや落ち着いた雰囲気が好きな方に朗報です。( *´艸`) 先日初めて【NSW州立図書館】へ出向...

 

在住人がすすめる、シドニー穴場スポット まとめ

シドニー在住人がすすめる、『シドニー観光の穴場スポット』いかがでしたでしょうか。

 

バックパック旅行でヨーロッパや南米をぐるぐるしながらメジャーな観光地を巡る旅をしていたこともあるのですが、

観光地だけではその国の本当の生活を感じることはできないと感じてから、

観光客のいかない、地元の人しかいないような場所に行くのが好きになりました。^^

今回は、できるだけ観光客が少なくて、生の『オーストラリア』を感じることが出来るような場所をチョイスしてみました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

\シドニー観光・関連記事はこちら/

あわせて読みたい
【どこの海外保険使えばいいの?】そんなあなたへ。今までに私が利用した2つはこれこの記事では、16歳のころから始めた世界の色々な国を旅した私が、 今までお世話になったことのある、 海外旅行保険2つについて、お話し...
あわせて読みたい
【シドニー観光】ベストシーズンはいつ?この街の四季折々の魅力を紹介 シドニーは、一年を通して天気も最高な街。 空を見上げるのが楽しいとは、本当にシドニーの事のような気がするくらい。 今回は、シ...
あわせて読みたい
【信じたくない…】海外で実際に私の身に起こった、6つの怖い体験談海外旅行や海外生活をしてると、思わぬトラブルに巻き込まれることって、結構あります。 携帯をテーブルの上に置いて席を確保、なんてことがで...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。りなきむと一緒に暮らすにゃんこのブログ『ぜんちゃんのいる生活』はここから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です