せいかつ情報

【オーストラリアの生活費】リアルな家賃・光熱費・ネット代はこれだ!

以前にこちらで、

あわせて読みたい
日本とオーストラリアの物価【徹底比較!】食品、生活雑貨、レストラン【2018年10月15日:追記しました♪】 本日はオーストラリアの物価についてお話しようと思います。 ワーホリに行かれる方や、旅...

オーストラリアの食品、そして生活雑貨の物価についての一覧表をお見せしました。

今回はその『生活編』!

  • オーストラリアの家賃ってどれくらい?
  • 1か月の光熱費はどうなの?
  • 交通費は日本より高いの?
  • インターネット代は?
  • 携帯代はどれくらい?

そんな疑問にお答えします!

 

※生活費などの金額は、すべて2018年9月19日のレート、AUS1ドル=80円として計算しています。

オーストラリアの家賃 どこもかしこも田園調布

シドニー郊外のワンルーム 1か月の家賃は?

物価が高いと聞くオーストラリアだけど、家賃代はどれくらいだと思われますか?

ワンルームで10万円くらいする東京の家賃でも十分高いと感じるのに、

それを超えてくるんでしょうか…?

 

結論。

はい、超えてきます。

 

私と旦那が今、住んでいる賃貸ワンルームの家賃は、なんと

12万3000円。

りなきむ
りなきむ
どれだけいい家に住んでるんだ。汗

 

しかも、立派なお値段の家なのに、シドニー中心部へ40分くらいかかる『不便』な立地の家だというから、驚きです。

12万円のおうち(笑)を少しご紹介すると、10畳くらいのリビングと、

2畳くらいのバス・トイレが付いていて、

りなきむ
りなきむ
生活感が出ちゃってる

 

キッチンには、IHコンロが2つ付いているという、

日本でもありがちな、超、一般的なワンルームです。笑

これに、小さなベランダがついて…

12万円也。

 

コンパクトで掃除がしやすいので、個人的にはすごく気に入っているんですけれど、

2人暮らしということを考えれば、ぜひ、もう1部屋ほしいところ…。

でも、月に12万円以上も払うことは今の私たちには出来ないので、仕方ないですね。笑

 

オーストラリアの家賃、割高なの?割安なの?

結局、この12万円という家賃は割高なんでしょうか、割安なんでしょうか。

私、個人的な意見では、割高だと思っています。

 

その理由を簡単にまとめると、こうです。

  • シドニー中心部から少し遠い、『不便』な立地である
  • 地域的には、土地の安い地域なのに、この値段

 

そう、私が住んでいるのは、なにもシドニーの中心地でも、市内にアクセスしやすい場所でもありません。

シドニー中心部から1時間のところで、土地も安い地域なんです。

 

オーストラリアで『中心部から1時間』といえばアクセスの悪い街になります。

それに伴い、ここは、地域的にも土地の安い場所

アクセスが悪く、安い地域のワンルームが月12万円なんて…市内に行ったら…恐ろしいですね。

これでも色々探しまわって、やっと見つけた、『比較的コスパのいい家』なんですよ。笑

 

このように、シドニーで部屋を借りるのはかなり高額になる為、

ワーホリや学生ビザでお越しになる方の多くは、ルームシェアの1ベッド、またはシェアハウスの1部屋を借りることが殆どです。

私が以前、シドニー市内の4人部屋の1ベッドを借りていた時は、月5万ほどでしたから。

 

参考までに、実際の物件でより詳しい値段を調べたい方は、こちらの記事をどうぞ。

ワーホリと謳っていますが、ワンルーム、シェアハウス、ルームシェア物件なども取り扱う総合サイトのご紹介をしてますので、

参考になると思います。

あわせて読みたい
【オーストラリアでワーホリ】家を探す方法&6つのサイトを伝授!オーストラリアにワーホリに行く方が必ず直面するであろう、家探し問題。 今回はどうやって家を探せばいいのかをお教えします。 私はワーホ...

 

オーストラリアで2人暮らし 1か月の光熱費

オール電化 我が家の電気代

続いて、光熱費に関して見ていきましょう。まずは、我が家の電気代から。

うちはオール電化なので、ガスのある家よりは、電気代も必然的に高くなっているはずです。

それでも、ここ半年間の電気代の平均は、5,490円。

電気代は日本と同じような感じ。いや、むしろ安いかもしれません。

なにせ、日本より暖かいオーストラリア。冬に暖房は一切使いませんでしたし、

夏も風が強いので、エアコンはいりません。その分、安く済んだのだと思います。^^

 

ではさっそく、実際の請求書を見ていきましょう。

オーストラリアは約3か月ごとに電気代の支払い請求が来るので、1枚の請求書で3か月分の電気代を示しています。

 

まずは、2018年3月~5月までの、3か月分の電気代から。

続いて、

5月~7月の電気代です。

電気代の見直しが入ったとかで、5月~7月の今回の電気代請求額はかなり少なくなりました。

これを日本円に換算すると、

3月~5月の電気代が、2万1520円。

6月~8月の電気代が、1万1440円。

 

この6か月分の電気代を、1か月分に単純計算すると、5,490円となります。

りなきむ
りなきむ
ここから、物価の高いオーストラリアでも、意外に日本のほうが高いものもある、ということが分かりますね

 

【追記】

安い…と思ってたオーストラリアの電気代が突然3倍になりました。涙

そんな最新の情報&貧乏妻の対抗策を書きましたので気になる方はこちらから…

あわせて読みたい
まさか電気泥棒!?3つの方法でチェックできる【電気代爆上げの原因】この記事では、以前にツイッターでつぶやきました、 今月から安くなるはずだったオーストラリアの電気代がなぜが爆上げになったこと ...

 

水道代について

さて、水道代についてです。実は、我が家ではこれ、0円です。

ありがたいことに、家賃にすでに含まれているので、水道代の請求が別に来たことはありません。

あまりに使いすぎると、大家の方から『お前使い過ぎだから払って』という請求が来るそうですが、

普通に生活していればそんなことはありません。笑

私が以前住んでいたアパートも、水道代は0円でしたので、

オーストラリアでは水道代込みで、家賃を払うところが多いのかも知れませんね。

 

 

 

とにかく、我が家で払っている光熱費は、日本と同じくらいの価格の電気代のみ。

このことから、オーストラリアで生活するうえで『光熱費が大きく家計を圧迫する』ということは、

おそらく起こらないでしょう。^^

 

意外にかかる交通費。1か月分はどれくらい?

続いて、意外にかかる『交通費』についてのお話です。

日本では、会社が交通費を出してくれるところも多いですが、オーストラリアではあまり一般的ではありません。

もちろん、『大企業で、いいところ』だったら交通費は出してもらえるようですが、残念ながらうちは違います。汗

りなきむ
りなきむ
どこの世界でも、大企業がやっぱり強い

 

そんな我が家の1か月の交通費は、

2万2730円。

 

日本よりも少し、高いでしょうか。

私の実家があった、埼玉から東京に向かう電車が210円だったのに対し、オーストラリアで同じ距離、電車に乗ると、280円くらいしますから。

それが毎日、さらに実費負担が1年、2年続くとなると、この出費は少々痛いです。汗

日本で働いていた時、交通費を出してもらっていたのはありがたいことだったんだなあと今になって感じます。

 

月々のインターネット代 4G・WiFiの値段

生活するうえで、どうしてもかかってしまう固定費の中の1つに、インターネット代があります。

オーストラリアのネット代はいくらなんでしょうか。

 

オーストラリアにルーターを貸し出している会社は数多くありますが、

私の家では、そのうちでも最も早いと言われているOptusのWiFiを契約しています。

オーストラリアの大手ネット通信系の会社であるOptusなので、

当然4G回線、ネットの接続スピードも7.2Mbps(携帯)とかなり速め。

PS4に至っては11Mbpsという爆速で、いろいろダウンロードしてくれる優れものです。

機械はHUAWEIですね。

 

これが、月々7200円。

 

個人的には高いな~と感じていますが、安かろう、悪かろうの世界がここ、オーストラリア。

2000円くらいから繋げるWiFiを経験した旦那が言うには、

YouTubeを見ようものなら『ロード中』で何度も止まり、コンテンツのダウンロードには何時間もかかり、

とても使えるものじゃなかったそう。

この7200円も必要経費と、あきらめるしかないのでしょう。涙

 

固定費の定番、携帯代はどれくらい?

続いて、携帯代。

日本ではソフトバンクで毎月8000円近く支払っていた私ですが、オーストラリアの携帯代はいくらなのでしょう?

 

もったいぶっても仕方ないので、さっそく答えにいきましょう。

お互いにTelstraというオーストラリアの大手携帯会社を利用していて、

私の携帯代は、

2Gのデータ通信とかけ放題がついて、

2400円

旦那の携帯は、

5Gのデータ通信とかけ放題がついて、

3200円です。

りなきむ
りなきむ
日本のようにデータ使い放題ではないけど、なぜかこれで十分なんです

 

外出先で携帯を全くいじらなくなったせいかも知れませんが、ほとんどデータ通信も使わなくなりました。

それに、家ではWiFiが通っているので、データ通信を使う必要はありません。

このおかげもあって、日本にくらべると、携帯代はかなり安く済ますことが出来ています。

旦那と2人でも、たったの5600円ですから。

りなきむ
りなきむ
これはうれしいっ

 

オーストラリアの生活費 まとめ

この記事では、

  • 家賃
  • 光熱費
  • 交通費
  • インターネット代
  • 携帯代

について、実際に支払っている金額をお伝えしてまいりましたが、いかがでしたか?

これで、少しでもオーストラリアの生活のイメージをしやすくなりましたでしょうか。

最後にもう一度、全体の金額をまとめてみましょう。

  1. 家賃は12万3000円。
  2. オール電化の電気代は5490円。
  3. 水道代は0円。
  4. 交通費は、2万2730円。
  5. WiFiは、7200円
  6. 携帯は5600円。

 

オーストラリアでこれから過ごそうかな、と考えている方は、生活費がどれくらいなのか、今回の記事をぜひ参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
【オーストラリアにワーホリ】1か月目に必要な生活費は最低40万!きっと留学やワーホリに行きたいと思った方なら一度は調べたことあるはず、一か月の生活費。  最初の1か月にどれくらいのお金がかかるのか、...
あわせて読みたい
日本とオーストラリアの物価【徹底比較!】食品、生活雑貨、レストラン【2018年10月15日:追記しました♪】 本日はオーストラリアの物価についてお話しようと思います。 ワーホリに行かれる方や、旅...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。りなきむと一緒に暮らすにゃんこのブログ『ぜんちゃんのいる生活』はここから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です