グルメ

オーストラリアのマック限定メニュー、イマイチなので女性目線で辛口レビュー

オーストラリアのマック限定メニュー 気軽に食べられない3つの理由

こんにちは、りなきむ(@rinakimu93)です。

突然ですが、

『各国マクドナルドには、オリジナルメニューがある』って聞いたことありますか?

 

日本のマクドナルドでは『月見』や『てりやき』がオリジナル商品としてあるように、

オーストラリアのマクドナルドにも、この国限定メニューがあります。今日は、その限定メニューを食べた見た感想、

りなきむ
りなきむ
イマイチだな…

 

という気持ちを、全力でお伝えしていきます。

 

オリジナルメニューその① BBQ・ベーコン・ラバー

『バーベキュー・ベーコン・ラバー(BBQ Bacon Lover)とは、

オーストラリアのマクドナルド、オリジナルのメニュー1つ。

オリジナルのBBQソースに、カリッカリのクリスピーベコン

100%ビーフに挟まれたとろけるチーズ、さらにはたっぷりのマヨネーズでマイルドさもプラスされた、

ハンバーガー好きにはたまらない一品…!

と、謳われているハンバーガーです。

これを聞いたら、

美味しそうだな~

お腹空いているし、食べてみようかな~

と思いませんか?

 

そう、私も思いました。

そんな甘い言葉に踊らされて、超楽しみでこのBBQベーコン・ラバーをオーダーしてみました。

こちらが実物。

おいしそうな見た目ですよね。BBQの名の通り、肉々しいのを売りにしたこのバーガー。

美味しい肉にありつけるかと思ったら、期待をちょっとずつ裏切られました

 

マクドナルド渾身の一品。でも、味はイマイチ

肉を売りにするバーガー。だったら野菜を抜いてしまえ!と思ったのか、中に野菜が一切ありません。

肉とパンを、マヨネーズで食べてるような感覚です。

(ていうかその通り)

 

 

シャキシャキ感がない。

さっぱり感が一切ない。

野菜がないせいで、全体的にねっとりしている。

 

 

バーガーからレタスを抜くだけで、こんなにも「何かが足らない」と感じるんですね。

肉を引き立たせる野菜というわき役が必要なのに、それをごっそり抜いてしまっている。

せっかくの肉を台無しにしてしまっている感が否めません。

 

野菜のシャキシャキと、肉のふんわり感のミックスで『ああ肉うまい!』となるのに…

 

一言で言えば、BBQベーコン・ラバーの味は、イマイチでした。涙

 

100%ビーフ、なんてよく考えればどのバーガーもそうだし、肉が厚かったかと言えばその感覚もなし。

BBQらしく香ばしい香りでもするのかと思いきや、それもない。

野菜がないので、肉の味を引き立たせるものが何もなく、味にメリハリがなく感じました。

 

映画に例えると、アクション映画が好きな監督が、アクションシーンだけを盛り込んだ映画を作った、みたいな感じ。

アクションシーン(肉)を引き立たせてくれるストーリーや敵(野菜)がないので、2時間の間ずっと戦ってるだけの映画みたい。

 

パンチしかない味で、3口目で飽きる、というのが正直な感想です。

 

 

美味しいものを詰めこんでいれば美味しくなるだろう、みたいに思ってない!?開発者さん!?

 

 

そうじゃないんだよおおお…という味を試した方は、是非、注文してみてください。笑

 

1セットの総カロリー は1300kcal

味はイマイチだったけど、そうだ、カロリーってどれくらいなんだろう…

もしかしてカロリーもひどいなんてことないよね?と、恐る恐る調べてみたら、

1セットなんと、1300kcal…

オーストラリアでは”キロカロリー”ではなく”キロジュール”表示なので、ググりました。

 

1300kcalって、成人女性の1日の摂取カロリーの半分以上が、1食でまかなえてしまう量です。

ダイエットをしているわけではないけど、流石にこのカロリーは気になります。

 

ちなみに、日本のマクドナルドからのメニューで似たような雰囲気である、

”てりやきマックバーガーのセット”のカロリーを調べました。それが、920kcal+ドリンク。

ドリンクによって多少差は出ますが、お茶か水を頼む私には関係ない話…

こうして比べてみると、400kcalくらい違うんです。

この差は、コンビニ弁当1個分くらいに匹敵します。

これを聞いたら、BBQベーコン・ラバーのカロリーお化け度がどれくらいなのか、少し、お判りいただますよね。

 

あんまり美味しくなくてカロリーだけ高いなんて…許さん。

 

これでお値段1000円!

極めつけは、お値段です。

味がイマイチでも、カロリーお化けでも、値段が安ければ仕方ないか、と思えるのが我々です。

 

結論。

バーガー+ポテト+ドリンクのセットが、1008円でございました。

写真のドリンクはLに見えるけど、実際についてくるのはMサイズ。

Mサイズのドリンク、Mサイズのポテト、そしてハンバーガーで1008円って、

超高くないですか!?

 

 

しかも味もイマイチだから!

1000円で他のお店行った方がよっぽど健康的で美味しく、お腹いっぱい食べられそうです。

 

オリジナルメニューその➁ アンガス・クラブハウス

この写真左のバーガー。

これが、オーストラリアのMac限定メニューの2つ目、アンガス・クラブハウスです。

中にはこのように、

  • レタス
  • トマト
  • アンガスビーフ
  • チーズ
  • ベーコン
  • スペシャルソース

が入った、超ビックサイズバーガーです。これはね、正直、おいしかったです。笑

でもやっぱりありました、納得できないポイント。(^^;)

 

手が汚れないと食べられない

旦那がマック大好きなので、今まで様々なバーガーを試してみましたが、これほど手が汚れるバーガーもありません。

ハンバーガーを食べた後にトイレに行って手を洗わないといけないくらい、

ベッタベタになります。

ソースたーっぷりのハンバーガーが好きで、手が汚れるのもいとわない、という方ならいいかもしれないけど、

私個人的には、これ、許せない。涙

 

だって、見た目が汚い(^^;)

バーガーがどれだけおいしくても、ぼたぼたソースたらしながら食べるなんて汚いし下品に見えてしまうし、

バーガーのサイズも大きいから口の周りも汚れてしまいます。

私も何も、ネイルバッチリ、お化粧バッチリなわけでは決してないけど、素直に、もっと普通に気軽に楽しめたらなって思いました。

 

手が汚れる、爪の間にソースが入る、頬が(口の周りどころか頬まで)汚れる、この3つを常にを気にしながら食べないといけないので、

心から楽しめるものじゃなかったです。(^^;)

 

オージーの豪快感を感じたい、という方ならいいかもしれませんけどね。

 

まとめ:個人的にはイマイチ…なオージーマクドナルド

  1. 1セット1300kcalの化物メニュー
  2. カロリーあるクセに味は美味しくない
  3. 手が汚れる

女性目線で、オーストラリアのマックメニューをレビューしてしましたがいかがでしたか?

私は、脂っこいし、野菜のシャキシャキ感がないし、なおかつ高いので、あんまりおすすめ出来ません。

でも、育ち盛りの少年少女には最高のメニューなのか…な??

 

 

オーストラリアの限定メニューを食べて、私が最後にお伝えしたいのはこれです。

 

マクドナルドで1番美味しいメニューは月見。

 

ああ、日本のマックが恋しいです。

\マクドナルド関連記事はこちらから/

あわせて読みたい
【現地人に大人気!】オーストラリアのファストフード店ランキング!イギリスの文化を受け継いだ、アメリカのような文化の国、オーストラリア。 人種が混ざり合っていて、 英語を話し、 食べ物がデカい。 ...
あわせて読みたい
何これすごい!オーストラリアのマックの注文システムが最先端をいってた世界各国、どこに行っても目にすることが出来るファストフード店、マクドナルド。 いつもは出かけるのが面倒なのでデリバリーしてもらうのです...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。このブログについては こちらから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です