ライフスタイル

職場で起こるいじめの原因・特徴 歳を取るほど悪質に!新入社員への嫉妬、妬み、嫌がらせ

新入社員で入ったある会社の東京店。

毎日毎日、出勤するたびに63歳の定年過ぎのおじいちゃんにいじめられた経験を持つりなきむです。

 

どうして新入社員っていうだけで、いじめられるんだと思いますか?

実は、彼らには彼らなりの身勝手な理由があるんです。

 

いじめが起こる原因やいじめをする人の特徴を知っておけば、あなたも「いじめをする人予備軍」を少しでも避けて生活できます。

今日は、私の体験も元に、いじめをする人、またその人達の特徴など学んでいきましょう。

加害者も自分に自信がない。いじめの本当の原因

いじめをする人というのは、総じて寂しがり屋で、自分に自信がない人が殆どです。

1人になりたくないから、

「共通の敵を作ることで自分は味方だと周りに勘違いさせる」

そして

「自分に自信がないから、自分よりも立場が下の人を作っておく」

というのが、彼らに共通する行動パターンなんです。さっそく1つずつ見ていきましょう。

 

共通の敵を作ることで、自分を味方だと周りに勘違いさせる

いじめの原因の1つ目。

加害者も仲間が欲しいけど、自力で友人や仲間を作ることが出来ないので、共通の敵を作って自分は味方だと周りに勘違いをさせるパターンです。

りなきむ
りなきむ
迷惑なやつ!

 

そうやって仲間を集めていく方法しか、加害者は知らないんですよね。

人は、共通の敵を見るとあたかも隣にいる人が仲間だと勘違いをします。

こんな理由の為に、あなたに悪口を言ってみたり嫌がらせをしてみたりするんですよね。他の同僚にも「あの人は我々の敵だ」って思わせるために。

 

気が付いたら周りは全員、いじめ加害者の仲間になってた…なんてこと、経験ありませんか?

でも、んな理由のためにいじめのターゲットになったんじゃたまったもんじゃないですよね。

 

自分に自信がないから、自分よりも立場が下の人を作っておく

これも加害者側の勝手な都合。でも、いじめ加害者の多くが持つ共通点です。

 

人は誰でも「承認欲求」というものを持っていることはご存知ですか?

承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、他人から認められたいとする感情の総称である。

出典:Wikipedia

 

これは、誰かに認められたい、他の人よりも優秀だと思われたい、褒められたい、そんな感情のことです。

承認欲求を持つことは普通のこと。ただ、いじめ加害者はこの欲求の満たし方を間違ってしまっているんです。

本来であれば、承認欲求とは自分を磨きつつ知識や技術をつけていって、最終的に自分自身の実力に対して満たされるもののはずですよね。

でも、いじめの加害者にはそんな能力がありません。他人の足を引っ張ることで自分の立場をキープし続けることしか出来ないんです。

そんな厄介者が社会には混ざっています。

 

これが、いじめの原因です。

文句を言うだけの人もいれば、中には「いじめ」という手段で自分よりも上に立ちそうな人間を蹴落とすような手段に出る人もいます。

 

いじめも、結局は保身のためなんだってご理解いただけましたか?

 

いじめをする人の心理的特徴

いじめの原因は分かりましたが、では、加害者の心理的な特徴とは一体なんでしょう。

いじめの加害者にはいくつかの共通点があるので、さっそく見ていきましょう。

 

自分が一番じゃなきゃ許せない

かまってちゃんの典型ですね。他の人への嫉妬、とも言えるでしょう。

常に誰かに見ていてほしいし、ちやほやされていたい。自分が一番じゃないと気が済まない嫉妬の感情です。

 

嫉妬は女性のもの、ってイメージがあるかも知れませんが、そんなことは全然ないです!男性だって嫉妬します。

 

とにかく男性、女性関係なく、いじめ加害者は常に誰かに見てもらってた人で、ちやほやされていた人であることが多いです。

りなきむ
りなきむ
何でだと思います?

 

 

1年の中で、いじめ加害者が今までずっとチヤホヤされていたのに、その状態が崩れる時があるの、ご存知ですか?

 

それは、4月

職場の皆が構ってくれる、いいポジションの人が職場に入ってきますよね。それが、新入社員です。

今まで自分に構ってくれていた同僚や後輩も、こぞって新入社員の面倒を見る役に回り始めます。

すると、いじめをする人たちは「自分が一番でなくなってしまう」という危機感を抱き始めるんです。

本来であれば、皆で新人のミスをカバーし、成長を助けるために働かなければならないのに、いじめ加害者にはそんな理屈は通用しません。

 

自分を差し置いてチヤホヤされる新入社員や、自分の立場に影響がなさそうだと思っていたのに実際はスキルもあって人望もある、「みんなから好かれそう」なあなたを攻撃するのには、そういう理由があるんですね。

 

常にいじめる相手を探す

人をいじめる人は、常にいじめる相手を探しています。その理由は2つ。

 

  1. 自分よりも上に出る人をたたいて、「自分が一番」をキープするため
  2. いじめて恐怖を与えることでしか、他の者を従わせることが出来ないため

 

1つ目は、いつでも自分より上にいる人を叩き落とさないといけないので、常にいじめの対象を探し続けているんですね。

 

2つめに関しては、1つ目とちょっと違った理由があります。

年功序列が根強く残っている日本では、年齢が上に行くにつれて「下を従わせる、働かせる」という立場になる人が増えてきます。

上の立場になったのに、後輩を上手く指導できない上司というのもよくいますよね。

ここまでならいいですが、実力不足を感じながらも自分の非を頭では認めたくないのがいじめ加害者

 

だから、後輩を従わせる手段として「いじめ」を選ぶんです。

 

恐怖政治は、人を従わせるのに一番簡単で、他の手段で後輩を従わせる能力がない人でも簡単にできる、単純な方法ですからね。

常にいじめ被害者を必要とするのは、いじめ被害者がいないと、加害者側も生き残れないと恐れているからなんですよ。

 

怖いのは女だけ?いじめる人に性別は関係ない

女は怖い、とよく言いますよね。ですが私は、男性だって相当怖いと思います。

 

だって日本社会で男が生きる場所と言えば、いまだに会社の中だけです。

少しずつ改善されてきているとは言っても、私の父も朝5時半に出勤したら21時くらいまで帰ってきません。

 

男性の世界は会社にしかないのに、その会社での立場が危ぶまれるとしたら…

 

感じる危機感が女性と格段に違ってくるのも分かる気がします。

そして、万が一本当に危ないと思ったら、立場を守るためにどんな手段でも使ってくると思いませんか?

りなきむ
りなきむ
もちろん全員じゃないです。いじめ加害者の話ですよ

 

私の職場の場合は、その典型に上手く引っかかってしまった。

 

私は、こうお伝えしたいです。女だから怖い、男だから怖い、というのはやめましょう。

どちらもまじで怖いです。

 

年を取るほど悪化する…いじめ悪化の原因

続いて、いじめが悪化する原因も探っておきましょう。

社会に出ると20~65歳の幅広い年齢人の中で働いていかなければいけません。

でも、広すぎる年齢層が、いじめを悪化する原因にもなっているんです。

 

歳をとる=偉くなるという古い考え

歳を取っている人=偉い、という考えの人、時々いますよね。この考えも、職場でのいじめが悪化する理由。

こう思っている人が多いから、加害者の年齢が上であるほどその人に立ち向かう人間が減っていきます

 

私の場合は、63歳の男、且つ会社での歴も長く、言ってしまえば店長よりも年上の人にいじめのターゲットにされてしまいました。

他の40代、30代の先輩方にお話しても、63歳の人に文句を言ってもらうなんてことは結局できず。

加害者の男がいじめに飽きるその時まで待たなければなりませんでした。

 

加害者本人も、歳を取るにつれ段々と他人から怒られる機会が減っていきます。

すると、あたかも自分が偉くなったかのような錯覚に陥ってしまうんです。

次第にいじめをやっている自分も正当化しだして、いじめを止める人もいないからどんどんどんどん悪化する…

年を取る=偉くなるという考えが、いじめを負のサイクルに巻き込んでしまうんですね。

 

いじめを止めると、矛先が今度は自分に向く恐怖

今の日本人にとって会社は、1日の半分以上を過ごす場所です。

そこで起こったいじめを止めようとしても、加害者からの見返りが怖くて行動にまで移せない人が多いのも、職場いじめが悪化する原因

会社、または職場において、加害者の及ぼす影響が大きくなればなるほど、仕返しが怖くて反論できない。

日本の職場からからなかなかいじめが無くならない理由もこれだと思います。

 

りなきむ
りなきむ
あなたの職場で、おんなじ現象は起きていないですか?

 

いじめの原因、まとめ

あなたの会社のいじめ加害者と比べてみて、いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、いじめの原因、加害者の特徴など色々ご説明してきましたが、んなものであれ「いじめ」の原因は100%相手にあります。

あなたは、相手の虫の居所が悪い時にたまたまそこに居合わせてしまっただけなんです。

でも悲しいことに、社会のどこに行ってもそういう人はいるんですよね。

歳を取って、自分が苦しんだ時期を他人にも味わわせてやろうっていう悪い人も中にはいたり。

 

この記事を通して私がお伝えしたいのは、とにかく、

いじめられている原因はあなたにはない

ということです。

全て加害者側の都合なのです。

あなたがどれだけ悩んでも、自分にいじめの原因を探しても、その答えは見つからないんです。

 

どうか、思いつめないようにしてくださいね。

 

\いじめから身を守る対策法はこちら/

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ→そのままシドニー永住となった元旅人。 ギリシャ人オットとの生活を書いている雑記ブログです。読んでくれたあなたをほっこりさせる、がモットー。国際結婚のイロハも書いています。   詳しいプロフィールはこちら