マルチリンガール勉強法

語学勉強のやる気が下がった時に読む、マルチリンガルからのメッセージ

たった1年で、0からレストランで接客できるまでにイタリア語を上達させ、

その知識を活かし、続いてスペイン語を習得。

英語もそろそろ学ばなければという事で、社会人生活で貯めた貯金をはたいて英語留学。

その後成り行きでパートナーを見つけ、パートナーの家族と話が出来るようにとギリシャ語を勉強する。

 

 

 

あなたは「こんなこと絵空事」だと思われますか。それとも、

「言語は、子どもの頃からいい教育を受けてきた人しか出来ないこと」と思われますか。

どちらも、違います。

この人はただ、やってきただけです。

常に紙とペン、そして辞書を片手に過ごしてきただけです。

 

 

 

誰でも他の言語を話せるようになれます

 

あなたが方言を話すなら、

その方言と標準語を両方理解し使いこなしているように、外国語同士でも同じことが出来るのです。

 

このブログを通し、イタリア語、スペイン語、英語を習得した方法をお伝えする記事を書いていきますが、

これら以外の言語を学ばれている方にも、忘れないでほしいことだけ始めにお伝えします。

 

 

他人と絶対に比べないこと。
時間がかかること。
継続すること。
「完璧」と「終わり」はないこと。
楽しむこと。
 

 

これだけ忘れなければ、誰だって2か国語や3か国語話せるようになれます。

 

言語を学び始めるなら今。

今やらなければ、1年後だって3年後だって、話せるようにはなりません。

 

 

他の言葉を話せるようになると、海外旅行でもその国の本当の一面を見ることができます。

それに、言語はその国の歴史と文化そのものです。葉を知るだけで、新しい価値観を発見できます。

そしてなにより、「自分もやればできる」という圧倒的な自信を身に付けることが出来ます。

 

この自信は、「話せるようになった言語」よりも、あなたにとってもっとかけがえのないものになるはずです。

 

語学勉強に飽きてきた。

語学を続ける自信がなくなってきた。

 

そう感じた時には、ぜひまたここに遊びに来て、先ほど紹介した5つのことを思い出してください。

  1. 他人と絶対に比べないこと。
  2. 時間がかかること。
  3. 継続すること。
  4. 「完璧」と「終わり」はないこと。
  5. 楽しむこと。

やり続ければ、必ず話せるようになります。

 

 

語学を得た後の新しい人生を胸に、今日も語学と向き合っていきましょう。

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ→そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。 詳しいプロフィールはこちらから。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。