ワーホリに行く前に

ワーホリを成功させる、たった4つの秘訣!失敗しやすい人の特徴と成功の為の対策

毎年1万人以上が飛んで行くほど、オーストラリアはワーホリの行先としても大人気の国です。

でも、計画もなし、目的もないままオーストラリアに飛んでも、それではただの出稼ぎ旅になってしまいます。

これでは、滞在中はおろか、帰国後のビジョンも一切見えてきませんよね。

 

一体何の為にワーホリに行ったの?

 

そんな事を誰にも言わせないために、ワーホリ経験者が語るワーホリ成功の秘訣、ご紹介します。

ワーホリが失敗に終わる人の特徴

 

ワーホリが失敗に終わる人の特徴からご紹介していきましょう。

シドニー在住の私自身、ワーホリでオーストラリアに来た日本人に星の数ほど会いました。

これでも一応先輩として(笑)色々彼らの相談にも乗ってきたんですが、正直に言えば、彼らの殆どは、ワーホリに来た本来の目的を達成出来ずに帰国したと言わざるを得ません。

ワーホリを失敗に終わらせてしまう人と、成功する人との圧倒的な差は、次の3つに要約されます。

 

(1)目的を明確に持っていない

第一の理由はこちら。明確な目的の有無

私が出会った方にワーホリに来た理由を聞くと、殆どの方は「英語を取得したい」と言っていました。

 

でも、英語を習得するというだけでは、目指す場所がかなり曖昧で目的としては不十分です。

ただ単に「働く」と決意することと「買いたいものを買うためにお金が必要、だから働く」と決意するのでは、明確さが全く違うのがお判りいただけますよね。

多くの方は「英語を習得」という、上の例で言えば「働く」と同じ、かなりあいまいな目的のままワーホリに来てしまっているんです。

結局、自分がオーストラリアで何をしなければいけないかよく分からないまま、気が付いたら1年経ってしまっていた。

そんな人が本当に多い。

ワーホリを失敗に終わらせる人の特徴、これがその1つ目です。

 

(2)英語を全く勉強していかない

2つ目はこちら。英語力が無いままにワーホリに行ってしまい、結局日本人と共に日本と同じ生活をしてしまう方。

ワーホリを通して英語を学ぶ、という考えも気持ちもよく分かります。

りなきむ
りなきむ
だって私もそうだったから

 

でも英語力がないまま、英語の生活環境に入るは本当に難しいです。

 

例えば家探し。英語が分からないのに、どうやって家のオーナーと連絡を取るのでしょう?

例えば仕事探し。あなたが雇い主だったら、言葉の通じない人間を雇いたいと思うでしょうか?

 

特別なプログラミングなどのスキルがあるなら別ですが、私にはそんなのありませんでしたし、実際は無い方がほとんどなんです。

 

現地で働けない留学と違って、お金も稼ぎながら英語環境で生活が出来るワーホリ。元々の資金も少なくて済む、最高の渡航スタイルですよね。

でも現実問題、英語を学ぶにもある程度の英語力は必要なのです。

 

(3)日本人同士でしかつるまない

この失敗を犯す人も、本当に多いです。ルームメイトは日本人、職場も日本人、友人も日本人…

これだと、日本に住んでいることと変わりません。

これでは英語も身に付きませんし、オーストラリアに居ながらこの国の文化に触れることすら困難になってしまいます。

確かに外国人の中には、日本人には考えられないような、えっこんなことするの!ってことをしでかす人もいるんですけれど(笑)

そのトラブルを解決しようとする前に、もう日本人とだけつるんでいよう…と思ってしまう方。

こういう方も、ワーホリを失敗に終わらせやすいです。

 

ワーホリを成功させる方法

 

今まで失敗する人の特徴を見てきて、もしかして自分も…不安になった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

でもこれは、言い換えれば、

それさえしなければ成功率はグッと上がる!ということです。

大丈夫ですよ!これからご紹介する方法をやっているのとやっていないのでは、のちに大きな差になります。

今からでも遅くない、ワーホリを成功させる秘訣、お教えしますね。

 

(1)具体的な目的を決める

まずは一番大切な目的。

「ワーホリを失敗に終わらせる人」の中で1番始めにお話したことです。

1人ひとり目的は違っていいんです。ですが、具体的に、明確にを意識しましょう。

「英語を学ぶ」は「TOEICで700点取る」とか。

「新しい文化を知る」は「何都市以上回ってオージーの友達を20人作る」とか。

「働く」は「50万分貯金する」とか。

やりたいことは人それぞれ。

他人に合わせる必要も、人より上の目標を設定する必要もありません。

ただ、自分のやりたいと思う事、実現したいと思う事を、具体的に、明確に、ということだけ意識してみてください。

これだけで、他の人とのスタートラインが変わりますよ!

りなきむ
りなきむ
ちなみに私の目標は、日本に帰国した際に採用試験を受けようと思っていた企業の応募ライン、TOEIC700点でした

 

(2)英語での会話を恐れない

これも、とても大切。

英語の試験でどんなにいい結果を取る方でも、渡航してすぐに話せるようにはなりません。

耳もついていきませんし、オーストラリアの発音も少々独特なので、慣れるのに時間がかかるんですよね。笑

単語もすぐに出てこないし、間違うことも多いでしょう。

それでも、会話をすることを恐れないでください。言語で最も大切なのは、「慣れ」です。

 

日本人が日本語を話せるのは、頭がいいからでも、勉強したからでもなく、普段から聞きなれているし、話し慣れているから、でしかないんです(笑)

つまり英語が話せる人も、それは単に英語に慣れているから、でしかないという事。

りなきむ
りなきむ
もちろん勉強すれば、その分「慣れる」のは早くなりますよ

 

スピーキングの慣れも、リスニングの慣れも、全ては会話から始まります。

間違っても誰も気にしません!笑

会話をするのを恐れないでくださいね。

 

(3)英語は前もって身に付けておく

ワーホリが成功するか失敗するかを決めるのは、これと言っても過言ではありません。

ワーホリで英語レベルを1から10まで上げた成功者の話はネットでウヨウヨ見ることが出来ますが、実際はそうも上手くいかないものなんですよね。

最初に日本人の環境に飛び込んでしまうと、入ってくる情報は全て日本人関連のモノになってしまいがち。

そうなると、なかなか日本人環境から飛び出すきっかけを掴めなくなってしまうんです。

 

そうならないために、英語環境でスタートを切るための最低限の英語はとても大切。

出発前から、英語に慣れておくことが本当に大切になります。

 

(4)帰国後の準備を整える

最後に、見落としがちなこちら。帰国後の準備。

と言っても、完璧なプランを決める必要はありません。安心してくださいね。

これは、帰国したら何をしたいのか、どういう働き方をしたいのか、就職先などをざっくり考えておきましょう、という事です。

ワーホリに行ったらそれで人生終わり、では決してありません。

ワーホリ自体が人生のゴールでもありません。

ワーホリを通して何を得て、それをどう活かして今後の人生に役立てていくのか。ざっくりプランを練っておきましょう。

例えば、こんな会社に勤めたい。

学生だったら、ワーホリの経験を活かして論文を書きたい。などなど。

ワーホリの1年、2年は本当にあっという間です。瞬きしたと思ったら終わるくらいにあっという間。笑

帰国後のことも頭にあれば、それを目指してワーホリ期間を活かすことが出来ます。

これも、ワーホリを成功させるために必要な秘訣の1つです。

 

ワーホリを成功に導く!出発前からできる対策

 

ワーホリに行く前の今だからこそ出来る対策もご紹介していきます。

 

(1)情報収集

全てのことは準備から!まずは、ワーホリに関する情報を集めましょう。

オーストラリアで初月にかかる費用はいくらなのか、ワーホリに行った人が就ける仕事は何なのか、どの町に行くのか、などなど。

まずはワーホリとはどんなものなのか、頭の中でイメージを描くことが大切です。

 

(2)計画を立てる

簡単にイメージが出来てきたら、今度は少し具体的に計画を立ててみましょう。

ワーホリの目的を達成するために、どうしたら一番効率的なのか、コアの部分を組立てていきます。

英語習得が目的の方を例に挙げれば、次のような感じです。

「どうやって目的の最終ポイントまで到達するか」という事に重きを置き、それを実現するために、何をしていくかという事を考えていきます。

 

  • 語学学校に通いながら英語の習得を狙うのか、それとも自力で勉強するのか。
  • 語学学校に通うなら、自分で探すのか、エージェントに頼むのか
  • 語学学校には通わず、ローカルの仕事だけで語学上達を目指すのか。

 

ワーホリに来た目的から外れることなく生活するには、このように、少しでも具体的に計画していくことが大切です。

とは言っても、ですよ。

英語が出来ないからワーホリで学ぼうと思ってるのに、通う学校もローカルの仕事も自分で探すなんて…なかなか酷ですよね。汗

もし、英語力も不安、仕事が見つかるかも分からない、初めての海外で何していいか分からない…と感じる方は、

留学自体をサポートしてくれるところもありますので、まずは無料カウンセリング、資料請求などをしてみましょう。

実際私も何社も資料請求をして、自分に一番合ったスタイルは何なのか、色々プランを立てていました。

これだけで、自分が何をすべきなのか計画を立てやすくなりますよ。

資料請求、カウンセリングどちらも無料なので、色んな情報をゲットして自分のモノにしてしまいましょう!笑

 

【資料請求・無料カウンセリングはこちら!】

 

(3)英語の勉強をしておく

さて、さっきからしつこいくらいに言っている「英語の勉強」です。そろそろ皆さんも聞き飽きたかな…?笑

ですが、難しく考える必要は全くありません。英語の音楽を聴く、毎日5単語ずつ覚えていく、こんな感じから始めていけばいいんです。

簡単な事でいいので、毎日続けられることからやっていきましょう。

言語には慣れとお話しましたが、これは1日や2日、熱心に勉強したところで身に付くものではありませよね。笑

自分に合ったレベルで大丈夫ですので、毎日続けられることをやっていきましょう。

 

 

でも、そんな時間ない!短期間で英語を身に付けたい!

そんな方の為に、スカイプを使って英語が学べるサービス、【LOBi Education】もご紹介しますね。

私はワーホリ前にわざわざ留学に行ってその分の時間と費用と手間を費やしましたが、今はオンラインで何でも出来る時代!笑

今すぐにでも始められるオンライン英会話サービス、気になる方は資料請求してみましょう。資料請求だけなら無料ですしね。笑


ワーホリ成功術まとめ

ワーホリ経験者が語る、ワーホリを成功させつための秘訣、いかがでしたか?

ワーホリに行く人にとって、仕事も多く給料も高いオーストラリアですが、実際にローカルで仕事をしようと思うと、キチンと準備も必要だという事がお判りいただけたと思います。

  1. 目的を具体的に決める
  2. 会話を恐れない
  3. 帰国後の準備を整える
  4. 英語の勉強をしておく

でも、ポイントは以上のたったの4つ。これをベースに、あなたのワーホリプランを練ってみてください。

ワーホリで失敗した…と、時間とお金、手間を無駄にしない為にも、今回の記事を参考にしていただけると嬉しいです。

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。 詳しいプロフィールはこちらから。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です