ギリシャ人との恋愛・結婚

外国人彼と出会ったきっかけ いまどきネットも珍しくない!

ワーホリでオーストラリアに来た当時、日本に帰る気満々で国際結婚など予想もしてなかった私。

そもそもそんな相手にどうやって出会うの?と私自身ずっと気になっていたので、

どうやって私が今のギリシャ人オットに出会ったのかとか、その辺をお話していこうかなと思います。

 

国際恋愛、国際結婚に憧れる皆さんの参考になったら嬉しいです。

とはいっても正直いうと、この年になって2年間も片思いしてた相手がいたんですけどね、日本に。笑

だからワーホリから帰ったら告白しようとか、そんな甘酸っぱい(笑)こと考えてたんですけど、どう転んだのか今ではオーストラリアに在住の日本人妻です。

人生は本当に分かりませんね。笑

 

とにかく、これから書くこの記事が、皆さんの新しい出会いのきっかけになることを願っています。

出会いは突然

偉そうなこと抜かしている私ですが、1年前まではそんなこと考えてなどいませんでした。

 

私がオットに出会ったのは2017年9月、ネットを通してです。オーストラリアにワーホリで来てから3か月も経っていないくらいの時です。

ワーホリに来る前にフィジーに半年滞在しているので、日本を出国してからは9か月程経っていました。

 

当時私は、少しでも英語を話す機会が欲しくて友達作りに奔走してました。

英会話クラブのイベントに参加したり、ルームメイトのお友達と会ってみたり。

でも、私がいる街、シドニーにはワーホリで来る人も多いし、観光客、留学生も至る所で見られます。

オージーにとって、外国人など珍しくも何ともない。

出来る友達は、同じように英語を勉強しようとシドニーに来た外国籍の子達ばかり。

 

勿論これはこれでとても楽しかったです。

お互いの悩みを話し合ったり、色んな国のことも知れました。

けれど、英語を伸ばしたいと思ってシドニーに来た以上、ネイティブとの会話から英語を学びたいという思いが常に頭にありました。

 

そんな時、ブラジル人のルームメイトからあるアプリを教えてもらいました。

Tinder(ティンダー)という名前のアプリです。

その子によると、海外だとどこでもみんな使っている有名なアプリなんだとか。使い方も簡単。

 

まずあなた自身の情報を登録します。

するとホーム画面に異性の写真が出てくるので、いいなと思った人の写真は右、それ以外は左にスライドします。

お互いがいいなと思えば会話が出来るようになる、というものです。フェイスブックと同期するかしないかも選べます。

 

 

こんな感じのアプリと聞いて、最初は使うのを躊躇っていました。

何より怖かったんです。外国人の男性と2人で会うのが。

南米に住んだ経験もありますし、海外旅行も1人でそこそこしてきた私です。

嫌な思い出の1つや2つくらいあります。

何にせよ用心するのに越したことはないので、信用できる友達が言ってるけど…という感じで流していました。

 

でも彼女は、

「これもブラジルではそんな感じなんだけど、オーストラリアで登録してる人いい人ばっかりだったよ。この国だとあんまりそういう感じで使われてないみたい」

「私はそこで沢山オージーの知り合いできたよ」

と言うんです。

ホントか~?と思いつつもまあ、始めてみることにしました。

ちなみに、新しく交友関係を広げる場として、meetup(ミートアップ)というアプリもありますよ。

こちらは、毎日周辺地域で開催されているイベント表示してくれるので、面白そうなイベントを選択し、参加する、とクリックすればOKです。

私はここでよく博物館見学クラブ、とか、音楽クラブ、とか参加してました!

参加費がいるところもありますが、ないところが殆どなのでチェックしてみましょう。

ここでは、同じ趣味の者同士が集まるので、主に交友関係を広げることが出来ます。

ここで彼氏を見つけた方がいらっしゃるので、参考程度にお教えしておきますね。

 

ティンダーに登録するとすぐさま、色んな人からLikeが届きました。

その中から大丈夫そうな人がいれば会ってみるか、そんなノリでした。

 

今のギリシャ人オットは、2人目に会った人です。

1人目とはお昼を食べに行って(夜は怖いのでお昼にしました。笑)、普通に楽しんでバイバイ。

オージーではありませんでしたが、今まで以上に達者に英語を使いこなす方だったので、その1日だけでも綺麗な英語を聞くことが出来ました

こんな感じなら、やってみようかなと。

 

その後は、時間のある時にちょこちょこ見る感じで続けていたんです。

そうはいっても、英語クラブにオーストラリア人開催の英語クラスにと色々忙しかったので、

彼からのメッセージがあるまでは放置していたんですけれどね。

 

8月の終わりに、彼からのメッセージを受けとりました。それが彼との初めての会話です。

彼は韓国人の友達が多いらしく、LINEのことを知っていたので、アプリで話すよりはと思い、そこからラインでとりとめのない会話を始めたんです。

その後、1週間くらい話した後に2人で会う約束をしました。

今度は、私の仕事終わりだったので、夜に。

 

恋愛の話をしていると、初めて会った時からピンときたものがあった、とか言う経験者の方も多いですよね。

しかし現実的だった私は、今までずっと「そんなものナイナイ」と思っていました。笑

でも、彼とは付き合った当初から、この人とは別れるとかそういう次元で付き合うんじゃないんだろうな、と感じたんです。

 

私は、過去に彼氏がいた時も「別れるかどうか」というのはよく自問自答していました。

世間では重たいと言われそうな、『この人が将来旦那になるのか?この人と一緒にやっていけると思うか?』という事も、付き合った時から考えます。

だって、一時の遊びの関係とかいらないと思っていたので。笑

でも、この人とはどうやって一緒にいるか、そう考えていく関係になりそうだと、直感的に思ったんですよね。

 

 

付き合いだしたのは出会ってから2週間後。知り合ってからは3週間くらいでしょうか。

 

とんとん拍子に進む関係

それから話はとんとん拍子で進み、付き合って1か月で彼の両親に会いました。

 

「偶然」にも助けてもらったんですけどね。

プチ旅行先でホテルを見つけて一泊しようと泊まる準備までして行ったのに、行った先はまさかのお店1つもない田舎。笑

帰るのが遅くなってしまったのでそのまま彼の家に行こうということになり、それがきっかけで彼の両親にもお会いすることが出来ました。

 

ご両親に会うのは本当に緊張しました…

印象悪く見せたくないけど、もし変なこと言ってしまったらと思い不安でした。

ギリシャ人の彼のご両親からしたら、どこの馬の骨とも知れないアジアからの女を受け入れづらいかな、とか思ったりして。

何はともあれ、無事、ご両親とお会いすることができ、今ではいい関係を築けていると思います。

 

付き合ってからは3か月くらいたったころ、同棲を開始しました。

一緒に住んだ方が楽しいし、将来のことも考えやすいからっていう理由から同棲開始。

一緒に住んだ方が、お互いのことをもっとよく知れますしね

 

今度は私の両親に会うのと、日本旅行も兼ねて日本へ2人で行きました。

付き合って7か月目でのプロポーズは、なんと京都で。

やっぱり、この人と人生を歩んでくっていう実感は、ここから強くなりましたね。

 

ここまでで、ワーホリに来てからたったの10か月。

恋愛はタイミングと言いますが、本当にその通りなんですねえ。

 

最後に

私もずっとむかーーーーーしに夢見たことのある国際結婚ですが、まさか自分がそうなるとは思ってもいませんでした。

国際結婚だけが幸せのカタチではありませんが、誰にでもそのチャンスはあるという事だけ知っていただければ嬉しく思います。

他にも、バイト先のお客さんと、やもしくはナイトクラブで出会った方と付き合っている友人も沢山います。

少し外に出てみるだけで、出会いの場は沢山ありますよ。日本人同士で出かけてばっかりいても、なかなかこういう出会いはありません。

英語クラブ、アプリ、イベント。何でもいいので、楽しむついでだと思って、参加してみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい
国際結婚のメリット・デメリット8の事実。それでも国際結婚を選ぶ理由ビザや文化、言語の問題も多い、国際結婚。そんな結婚生活のメリット・デメリットのご紹介です。 デメリットを知っていても、実際に結婚した私の体験談。...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。 詳しいプロフィールはこちらから。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です