オーストラリア生活

出生証明書の申請について。書類集めに1か月!?必要書類など徹底解説

現地での証明書発行やビザ申請には必要になることも多い、出生証明書。

でも、意外にも面倒で時間もかかるんですよね…今日は、この書類についてです。

 

日本にはこんな前の書類が存在しないので、初めて聞くと吃驚しますよね。

でも、知っておきさえすれば本当に必要になった時、すぐに準備に取り掛かることが出来ます。

http://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/japanese/consul/shomei_kanren.htm

こちらの在オーストラリア日本領事館サイトにも取得方法は書いてあるんですが、

文字が小さすぎて見づらい(笑)し分かりづらいので、少しでも分かりやすくなるようにご説明していきますね。

出生証明書とは

文字列から皆さん想像つきますよね。

その名の通り、皆さんの出身地や誕生日を証明する書類です。日本では戸籍謄本として存在しています。

海外では、パスポート以外に身分を証明するものとして、有力に効力を発揮してくれるものです。

ビザの申請や結婚などの登録時に、パスポートと並んで求められることも多いです。

正確には戸籍謄本を英訳したものを出生証明書と呼ぶようですが、まあ、同じようなものですよね。笑

 

この出生証明書には両親の名前も記載されます。

私の住むオーストラリアでは、ビザ申請時などの必要書類には両親の名前も書いてある出生証明書と書かれているのを目にすることが多いです。

何か特別な出生証明なのかと思わせるような書き方をしていたので(私がそう感じただけです笑)

初見だと「ええ?親の名前も書いてある出生証明書って!?」

となる方もいるかも知れませんが、日本領事館で出してくれるこの書類にはきちんと書かれていますので安心してください。

 

出生証明申請に必要な書類

申請に必要な書類は全部で3つ。

  • パスポート
  • 申請書
  • 戸籍謄本

この3つです。

パスポートは皆さんお持ちだと思うので、特にご説明することはありません。

申請書は、領事館でもらえます。その場で記入すれば大丈夫です!

名前や電話番号などを記入し、なぜ出生証明書が必要なのかという理由を簡単に書く欄があるくらいで、難しい質問などは一切ありませんでした。

 

しかし問題は、最後の戸籍謄本…

こちらだけは取得方法が少々複雑なので、以下にてご説明させていただきます。

 

申請に必須:戸籍謄本の取得方法

面倒なことにこの戸籍謄本、海外で発行してもらう手段がありません。ではどうやってゲットするのか。

その方法は2つあります。

  • 日本にいる親族にお願いして取得してもらい、海外に郵送してもらう
  • 日本の自治体に直接請求書を送付して、取り寄せる

このどちらかです。

1つずつ、解説していきますね。

 

親族に取得してもらう

ご家族の方に取得してもらう場合はよりシンプルです。

ご家族に手間はかかってしまいますが、市役所や区役所に行けばその日のうちに発行してくれるでしょう。

あとはあなたの住んでいる住所に郵送してもらえばいいだけなので、複雑なやり取りもなく分かりやすいです。

 

自身で取り寄せる

しかし、ご自身で取り寄せる場合は少々複雑です。

これから項目ごとにご説明していきますね。

 

請求方法

まず請求方法ですが、メールやファックスは使えませんので、各自治体が指定する書類をすべて郵送で送る必要があります。

私の地域が手紙方式だったので、東京だと違ったりするのかな、と軽い気持ちで調べてみましたが同じでした。

今どき手紙だけなんてと思いますが、東京の区役所ですらそのような方法を取っていましたので、他の地域でも同じ方法で請求するしかないと思います。

 

各自治体で郵送先が異なってくるので、ご自身の地域の役所で郵送先を確認してください。

 

 

必要書類

多くの自治体は、

  1. 戸籍謄本交付の申請書(PDFファイルなどで役所サイトからダウンロード出来るようになっています)
  2. 返送用の封筒
  3. 本人確認書類
  4. 現住所を証明するもの
  5. 交付手数料
  6. 返送料金

を一緒に郵送するよう求めてきます。

自治体によって追加書類や、上記の中でも必要とされないものもありますので、確認をお願いします。

交付手数料、返送料金については、海外の郵便局で購入できる国際郵便為替もしくは国際返信切手券を指定してくるところがほとんどです。

金額が足らないと交付自体を断るかもしれませんと書いている自治体もありましたので、

多めに送るべきなのか(余った分はきちんと返金されるそうですが)、それとも指定金額があるのか、その辺りも見ておく必要があります。

住所を証明する書類に関しては、住所が書かれた公共料金のインボイスなどでOK。

このようなインボイスはビザ申請でも大きな役割を果たしてくれるので、日ごろから保管しておくといいでしょう。

 

取得までの時間

親族に頼む場合も、郵送で交付をお願いする場合も、交付自体は1日で済みます。

しかし、海外から日本へ手紙を送るのに2週間前後、そして日本からその手紙が海外に届くまで、さらに2週間前後はかかります。

日本の役所がいくら早く仕事をしてくれても、海外の郵便事情によって郵送時間は大きく左右されてしまうのです。

 

私は一刻を争う時だったので、LINEで日本に住む母に戸籍謄本の取得をお願いしました。

私の母も、その連絡を受けてからすぐに役所に行ってくれたんですが最終的には1か月くらいかかってしまいましたね。

母が書類を取得するまで1週間。手紙をポストに投函してから3週間です。

ご自身で役所に戸籍謄本を請求する場合は、もっと時間がかかると思っておいた方がいいかもしれません。

 

出生証明書の申請方法

戸籍謄本さえ手に入れてしまえば、何も怖いことはありません。

日本領事館へ行けばもらえる出生証明書の申請用紙をその場で記入し、取り寄せた戸籍謄本と一緒にパスポートを見せて身分確認が済めば完了です。

戸籍謄本はその時預かられてしまいますが、出生証明書の受け取り時に返却してもらえます。

在オーストラリア日本領事館であれば、1週間で出生証明書を発行してくれました。

 

ちなみに、シドニー日本領事館はこちら。

 

出生証明申請方法 おわりに

今回は、オーストラリアで私がパートナービザ申請をした時のことを例にお話しました。

しかし理由は何であれ、出生証明書が必要な時点でなんかの申請をしようとしている方が殆どだと思います。

出生証明書という1枚の紙を手にするために、いちいちネットで調べて領事館へ電話して、というのは面倒ですよね。

この記事をその手間を省くことに少しでも役立てて下さると嬉しいです。

りなきむ
りなきむ
時間がかかることを知っているだけでも、実際に必要になった時に余裕をもって行動出来ますもんね

 

苦労の塊、ビザ申請ですが、最後まで頑張りましょうね!

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ→そのままシドニー永住となった元旅人。 ギリシャ人オットとの生活を書いている雑記ブログです。読んでくれたあなたをほっこりさせる、がモットー。国際結婚のイロハも書いています。   詳しいプロフィールはこちら