ワーホリに行ったら

オーストラリアRSA酒類販売資格とは2018 講習申込から取得まで

オーストラリアでの仕事し、進んでいますか?

 

ローカルレストランで働いてみたいけど、お酒を取り扱うところが多くていつも資格の有無を聞かれてしまう…

お酒販売の資格がないから、面接の段階で落とされちゃう…

 

 

そんなあなたの為に、オーストラリアでのお酒の販売に関わる大切な資格、RSAについてご紹介します!

オーストラリアでの仕事探しにも有利に働いてくれる、この資格

私は、日本の仲介会社を通して取得するよりも安く、そして楽しく、ゲットすることが出来ました。

この記事では、『お仕事探しの味方』、RSAの取得方法についてご説明していきます。

そもそもRSAとは?

オーストラリアで仕事を探すときに便利な資格、RSA

RSAとは、Responsible Service of Alcoholを短く言った言葉です。

これは、オーストラリアでお酒を提供しながら働く場合に絶対に必要なライセンスになります。

 

オーストラリアではお酒に関する法律が日本に比べ非常に厳しく、このライセンスを持っていないとお酒を提供することが出来ません。

RSAは各州ごとに独自のものが制定されていますので、

ワーホリでオーストラリアに来る多くの方が行くシドニー、メルボルン、ブリスベンなどではそれぞれ異なるRSAを取得する必要があります。

ブリスベンでRSAを取得、お酒の販売店で働いた後に、メルボルンに移動したとしましょう。

そこで再びお酒を販売するためには、RSAを取得しなおさないといけない、ということです。

(そんなに毎回取得しなおす方は少ないと思いますが、制度的にはそうなります。笑)

 

店員へのライセンスに加え店舗側に対する規制もあり、

オーストラリアではコンビニやスーパーで気軽にお酒を売ることが出来ません。

大きなスーパの横などには酒類を専門に扱うお店が別に併設されていますので、

消費者もそこでお酒を買うことになるのです。

そして、こういうお店の店員であれば、全員がこのライセンスを持っている必要があります。

 

りなきむ
りなきむ
それだったら大丈夫、酒の専門店では働かないから

 

というあなた。ちょっと待ってください!

この資格、その販売店の店員が持たなければいけないのはもちろん、先程言った通り、

「お酒を提供する者全て」が持っている必要があります。

 

例えばレストランのウェイトレスやバーテンダー。

昼間はカフェのお店で働いていても、その店が夜にレストランに変わり、

その時お酒を提供するなら、あなたもこの資格が必要になってくるのです。

 

お酒のあるところにRSAあり。

 

頭の片隅に入れておきましょう。

 

仕事に役立つRSA 取得方法は2通り

じゃあ、どうやってこの資格を取ればいいの?

ということですが、この試験を受けるには2通りの方法があります。

 

  • オンラインで試験を受ける
  • 講習を受け、その講習の最後に試験を受ける

 

のどちらかです。以下、この2つの方法のメリット、デメリットを比べてみましょう。

オンライン

 

メリット:

自分の好きな時に勉強が出来て、好きな時に試験を受けることが出来ること。

資料を見ながら回答することも出来るので、時間をかければオンラインでも十分合格は狙えます。

 

デメリット:

その資料は全て英語であること。

全ての情報の中から必要事項を自分で探し出し回答するのには、英語力に不安のある人には大変ですよね。

それに、試験も1問でも間違うと不合格なので、その都度やり直すのは面倒です。

 

講習

 

メリット:

一日で資格が取れること。午前中から講習が始まり、4時くらいには全てが終わります。

そして、先生が回答をチェックしてくれるサービス付き。

間違ったところをやんわり教えてくれるので、正直試験に落ちる方が難しいです。

それに、授業が楽しく分かりやすい。

先生がジョークを交え要点だけを説明してくれるので、試験対策用の知識を学べます。

 

デメリット:

特に感じませんでした。

ただ、講習という性質上、学校のクラスのように多国籍の生徒が集まるので、

一人で黙々とやりたい方はそこだけ気になるかもしれません。

英語の資料の中から回答を探す手間を考え、結局私は講習を選びましたが、

申し込み方法、試験内容はどちらでも同じです。

ご自身に会った方法を選ぶといいでしょう。

 

RSA取得までの流れ

RSAを取得するまでの主な流れは次のこちら。

RSA取得まで流れ

  1. まずはエージェント選び
  2. 講習までの準備
  3. 講習を受ける
  4. RSA取得試験を受ける
  5. RSAを申請しに行く

ここからは、これらの順を追って、説明していきます。

 

まずはエージェント選び

RSA取得を手助けしてくれるエージェントは山ほどありますが、

その中から私が選んだのは、Coffee Schoolというところ。

無数にある会社の中からこの会社を選んだ理由は、

私の友人がここで資格を取ったことがあったから

りなきむ
りなきむ
海外で初めての資格だったから、知人が知ってるところの方が詐欺とかもないかなあって

 

講習代140ドルですが、オンラインなら10ドル割引が付いているので、

実質130ドルで資格を取得することができます。

他にも10ドル20ドル安いところもありますが、不安だった私は安心感を買ってここにしました。笑

https://www.coffeeschool.com.au/courses/RSA+Courses+NSW

 

講習もほぼ毎日開かれていますし、オーストラリア全土に7か所、

シドニーだけでなく、メルボルンやブリスベンにもオフィスがあるので、お近くのところを探してみてくださいね。

ちなみに私は、シドニーのセントラル駅前のオフィスに行きました。

駅前という事で、アクセスがいいのもありがたいです。

 

講習を申し込む方法

ここでは、ネットで講習に申し込む方法を手順を追ってご紹介します。

ホーム画面へアクセス

まずはこのリンクから、

https://www.coffeeschool.com.au/courses/RSA+Courses+NSW

Coffee Schoolのホーム画面へアクセスしましょう。

アクセス出来たら、そのまま下にスクロールすると、予約画面一覧が現れます。

 

日程・場所を確認し、『ENROL NOW』をクリック

 

 

①と②で、時間、日程、場所を確認、➂Enrol Nowをクリックします。

 

確認画面で、『PROCEED TO CHECKOUT』をクリック

この画面になったら、Proceed to checkoutをクリックします。

 

続く個人情報入力画面で、すべて入力して『OK』で完了!

名前やメールアドレスを入力する画面になりますので、すべて入力してOKをクリックすれば完了です!

 

講習までにしておくこと

しばらくすると、「Enrolment confirmation#0000 」というタイトルの

「講習申し込み確認メール」が届きますので確認しましょう。

こちらが実際に私が受け取ったメール画面。

このメールを受け取ったら、すべきことは2つです。

  1. 「講習前に記入すべきフォーム」に必要事項を入力し送信
  2. 支払い方法の入力

 

Click here to begin、をクリックすると、フォームが出てきます。

このフォームを、指示に従って記入してください。

Step1とStep2と書き進めていくと、

Step3でUnique Student Identifierナンバー(略してUSIナンバー)の記入を求められますが、

講習に行く方は、この番号を記入する必要はありませんので、スキップして進みましょう。

 

オンライン受験を考えている方は、こちらを参考にUSIナンバーを取得してみてくださいね。

あわせて読みたい
5分で出来る、USIナンバー取得方法!画像付きマニュアルで分かりやすく解説前回ご説明しましたRSA。 https://rinakimu.com/2018/06/11/get-rsa-insydney/ ...

 

このStep1とStep2を書き終え、送信をクリックすれば、講習の申し込みの完了です!

支払い方法を入力し、講習当日まで待ちましょう。

申し込み後に送られているメールに記載されているフォーム、Step1と2を講習が始まるまでに記入しない場合、

11ドルの追加支払いが発生するとメールに書いてありますので、

行くまでに必ず記入しておきましょうね。

 

講習日当日

ここまでくれば、あとは講習を受けるだけです。

「講習予約確認メール」には、

運転免許証かパスポートのような身分証明書とペンを持ってきてください

と書かれていますので、忘れないように持っていきましょう。

講習時間に遅れた際の対応もメールに書かれているので、目を通しておくといいですよ。

 

授業内容

1時間ごとに10分の休憩を挟みながら、4時間ほどの講習を受けます。

先生はオーストラリア人でしたが、特別強いアクセントもなく聞きやすかったです。

英語がよくわからない人向けに、いろいろ演技をしながら説明したりしてくれたので、

どれくらいで『酔っ払い』なのか、という定義とかもかなり分かりやすかったです。笑

 

この学校の生徒の95%以上は留学生だったりネイティブでない人なんだそうで、

先生方もネイティブ以外の人に配慮した授業内容にしてくれてるんだと思います。

大まかな内容は

  • アルコールを提供するときすべきこと
  • 未成年の客に対する対応
  • 酔った客に対する対応
  • アルコールを提供できる範囲
  • 違反したときの罰
  • RSAの使い方、意味

こんな感じ。

パワーポイントを使った講義で、テストに出るところは目印が付けられていたり、

「これは一応見せるけどテストには出ないから」など教えてくれるので(笑)

メモしなきゃいけないところとそうでないところの見分けがかなりしやすかったですよ。

 

私の時は、授業人数は15人もいないくらい。

大人数の講習だと、分からないところがあってもなかなか聞けないから嫌だなあ…と思っていた私としては、

とてもうれしい環境でした。

もう何でも聞いて!という感じのフレンドリーな講習で、質問もしやすいんじゃないかな。

 

補足として、RSAを受けようかなあと思ってる人は、

日ごろからレストラン等のお店で表示されている『お酒に関する案内』を見ておくとより分かりやすくなると思います。

『ああこれ見たことある』ってなると思いますから。^^

 

講習後すぐに行われる RSA取得試験について

授業が全て終わると、直後に筆記テストが始まります。

30分ほどで終わる短いテストですので、身構えなくて大丈夫です。^^

持込可能な試験ですので、授業でメモしたことを見ながら回答を記入していきましょう。

 

そしてもし、テスト中に分からないところがあったら、先生に答えを聞きましょう

一応試験なので、先生も答えは教えてくれませんが「答えが書かれているページ」を教えてくれます。

りなきむ
りなきむ
指さしでずばり答えを教えてくれる時も…

 

試験がおわったら、その場で先生が答え合わせ。

そこでミスがあると指摘してくれるので、100点取るまでやり直しできるんです

先程ちらっとお話した、落ちる方が難しい、というのはこういうことだからなんですね。

なにはともあれ、ここで皆さん合格です。

りなきむ
りなきむ
おめでとうございます!

 

資格取得試験がおわったら

試験が終わると、その場で「RSAを取得するために必要な書類」を発行してくれます。

これが仮RSA

これをゲットした時点で、お酒を販売できるようになります。

 

有効期限は3か月。その効力が切れると、もう一度講習を受けなおすハメになってしまいますので、

時間のある時に、『仮RSA』をもって、本物のRSAを申請しに行きましょう。

 

RSA申請の方法・必要書類

RSAを申請できる場所は、講習日にエージェントに教えてもらうか、

以下のサイトで探せますので、一番行きやすいところで申請しましょう。

https://www.service.nsw.gov.au/transaction/apply-rsa-or-rcg-competency-card

 

その際、仮RSAと並んで、「身分を証明するもの」と「住所を証明するためのもの」が必要になります。

それがこちら。

  • パスポート
  • クレジットカードかキャッシュカード
  • Bank Satatement(バンクステイトメント)

RSAを申請しに行くと、当然、身分証明書の提出を求められます。

その際、合計で100ポイント分になるようIDを持って行かなくてはなりませんので、あらかじめ用意しておきましょう。

 

でも、IDにポイントってなに?と思った方もご心配なく。

オーストラリアでは、各IDにポイントが付けられているので、

それらを合計して、100ポイントになるようなIDを選択するだけでいいのです。

分かりやすいように、先ほどご紹介したIDのポイントをご紹介します。

  • パスポート70pt
  • キャッシュカードかクレジットカード25pt
  • Bank Statement25pt
りなきむ
りなきむ
これだけあれば、100点超えるね

 

パスポートやクレジットカードは皆さんお持ちだと思いますが、それだけだと

残り5点がどうしても足りません。

その分を補うために利用可能なIDはたくさんあるのですが、

なかなかワーホリ生には取れないものや、取得までに時間がかかる書類も多いので、

個人的に取得が簡単・即日発行のできるBank Statementがおすすめです。

 

Bank Statementは、あなたの持つキャッシュカードの銀行に

『Bank Statementを下さい』と言いに行けば、その場ですぐ印刷してくれます。

5分くらいでもらえますので、あらかじめ貰っておきましょう。

一般的に身分証として有効な運転免許ですが、私が2018年6月11日に確認した際に

有効なIDとして書かれていなかったので、今回は省いています。

【補足】

Bank Statement以外の書類に関しては、

https://www.service.nsw.gov.au/transaction/apply-rsa-or-rcg-competency-card

このサイトで確認してみてください。

 

申請所につくと、係の人も慣れた手つきで、ああ~RSAねという感じで手続きを勝手にやってくれました。笑

そして最後に、『3週間くらいで、本物のRSA届くから』と。

ここまで来れば、後は待つだけです。

 

さいごに

RSA取得方法、参考になりましたでしょうか?

シドニーに仕事は沢山ありますが、そのうちの殆どは接客業であり、飲食店になります。

飲食店であればお酒の提供はほぼ確実ですので、そこでこのRSAが非常に重要になってくることも、お分かりいただけると思います。

1日で取ろうと思えば取れる資格ですので、必要になった場合には今回の記事を参考にしてくださいね。

私も最初は知らないことばかりで戸惑いました。

が、やってみると意外とそんなことはないものです。笑

是非チャレンジしてみてください。

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。 詳しいプロフィールはこちらから。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です