ワーホリに行ったら

英語でのレジュメの書き方、徹底解説!海外で自分をアピールする方法

海外で仕事を探すときに必要なもの…う、履歴書ですね。でも、

 

日本の履歴書ならあるけど、英語でどうすればいいのか分からない…

 

そんなお悩み、抱えていませんか?

国が違えば履歴書の書き方だって違ってくるもの。

今日は初めての方でも分かるように、具体的に、

  1. 何を書いていけばいいのか
  2. どんな風にレジュメを書いていけばいいのか
  3. また日本の履歴書と違うところは何なのか

ご説明していきます。

履歴書のサンプルもご用意しました!初めての方は、そちらも是非参考にしてくださいね!

英文履歴書とは

履歴書はCV(Curriculum Vitaeの略)、またはResume(レジュメ)と呼ばれています。

どちらかと言うと、後者のレジュメの方が一般的に使われています。

 

日本と違って、履歴書に決まった形はありません

決まりがないので自由にカスタムでき、不必要に生まれてしまう空欄を省くことが出来るので、見栄えもいいです。

 

日本でアルバイトや仕事を探していて、

職歴も何もない自分の履歴書をみて凹んだことはありませんか?

不必要なものを書く必要のない英文履歴書では、このようなものは全て省けます

自分のいいところのみアピールすることが出来るのが、英文履歴書のポイントです。

 

レジュメに書くべきこと

簡単に言うと履歴書なんて、名前、連絡先、最終学歴、そして経験や自分が出来ることが書かれていれば問題ないのです。

でも、海外で職探しなんて初めてで、

 

具体的にどう書けばいいのか分からない…

 

そんなあなたもご安心下さい!

今回は英文履歴書のサンプルもご用意しました。

今回は特に凡庸性のある、接客業に特化したものにしています。

書かれているのは、コミュニケーションスキルやお客さんとのトラブル解決能力、チームワークについて。

専門職であっても、職場の仲間とのコミュニケーションやお客さんといい関係を築ける能力は間違いなく重宝されます。

 

専門職歴のある方は、このベースに加え、プログラマー、歯科技工士、設計士など、随時付け加えてお使い下さい。

 

完全英文版と、分かりやすいように日本語訳付きのものとあります。

英語版だけで不安な方は、日本語のものと比較しながら、ご自身の経歴に合わせて変更してください。

日本語訳に関しては、文字通り訳してしまうと不自然な文になってしまうところは意訳してあります。

ご了承下さいますようお願いします。

 

履歴書サンプル

英語版の赤字の所を変更してご使用ください。

↓↓ダウンロード PC推奨

English resume sample 英語サンプル

English resume sample 日本語訳サンプル

注:privacy policyをお読みの上ご利用ください。

 

上のサンプルについて詳しい説明をこれからしていきますね。サンプルを開きながら見ていただくとより分かりやすいと思います。

(1)カバーレター

まず初めに一番大切な事をお伝えします。

日本だと、丁寧に手書きで…とか言っていますが、そんなの時間と手間の無駄ですし、手書きよりもPC打ちの方が断然読みやすいです。

間違いなく印象もいいので、PCで作成してください。手書きはその場で書いた感が出るので、やめて下さいね。

 

1ページ目が、カバーレターと呼ばれる挨拶文です。

日本でこれを書く習慣はないですが、英文履歴書ではこの1ページも重要なものになります。

履歴書を封筒などに入れて用意する習慣がないので、その代わりの表紙、と言えるもの。

 

まず、上部に記入する宛名ですが、Dear…の後、面接をしてくれる方の名前が分からない場合はHiring Managerと書いておけば問題ありません。

これで「採用担当者様」という感じになります。

もしその方の名前が分かるようであれば、Mr.やMs.付で書いた方がGood。その方が丁寧な印象になりますよ。

 

以下、内容には、応募した理由と挨拶を書きます。

どうしてその会社に応募したのか、手短に書きましょう。

経験を活かせるから、というのが一般的で、且つ就職先にも喜ばれる理由になると思います。3~4行程度で書きましょう。

「御社のようなサービス業界にいたのがこの履歴書からお分かりいただけると思います。私のスキルは必ず役に立ちます。

いつでもインタビューに伺えますのでご連絡下さると幸いです」

といった感じ。英文サンプルをご自身用に少しいじってみてください。

パッとみて誰の履歴書なのか分りやすくするためにも、最後には必ずご自身の名前も入れてくださいね。

履歴書単体で渡してしまい、「はいこれ履歴書」という少し乱暴な印象にならないようにするためにも大切なものですので、ご自身で作成する場合にも必ず作るようにしましょうね。

 

(2)名前、連絡先、顔写真

次に書くのが名前と連絡先です。

何かあった時の連絡先になる可能性もありますので、正確に書いておきましょう。

そして、電話番号、メールアドレスも加えておきます。採用が来た時の連絡先です。いつでも確認できる連絡先にしておいてください。

現地でSIMを購入し、現地の番号を手に入れいる方はそのままの番号書けば大丈夫ですが、日本の番号をそのまま利用している方は下記のように記入してください。

例:  +81 90 1111 2222

 

日本の国番号+81

+

090の始めの0をとったところ

(080の方であれば80です)

+

ご自身の電話番号

 

 

続いて顔写真

日本では必須の顔写真ですがですが、意外にも英文履歴書にこれは必要ありません

というのは、顔や肌の色、性別などが分かる顔写真は差別につながる、という理由から。これを知った時、なるほどなあと思いました。笑

元々は、企業側が強要するとその会社が差別を助長しているとみなされる、というものでした。

が、顔写真を貼るという事はそれに同調している、と思われてしまうこともあるそうです。

その為、顔写真は貼らない方がいいというのが結論。

それに写真がない方が、写真を探して貼るその分の手間も省けますし、より履歴書の中身に注目してもらえます。

もし企業側から言われ顔写真を貼る場合には、日本の就活写真のようにかっちりしたものではなく、笑顔で写っている写真にしましょう。

りなきむ
りなきむ
その方が印象もGood!

 

(3)Aim 目的

この会社を受けた理由、目的ですね。日本の履歴書でいう「志望理由」みたいなものです。

しかし、ここで「御社の理念がうんたらかんたら…」みたいな文を書くわけではありません。カバーレターと似ていますが、ここで書くのは

「あなたがどれだけその会社に貢献できるか」です

 

難しそうに聞こえてしまいますが、簡単です。今回の履歴書サンプルに沿って言えば、

「私は接客業を長くやっていたのでカスタマーサービスに自信があります。

十人十色のお客様のトラブルも解決してきました。その経験は御社の顧客満足度向上に大いに役立つでしょう」

こんな感じでいいのです。

専門知識のある方は、そのスキルも職場に貢献できることを示しておきましょう。専門知識は、強い武器です。自信を持って書いてください。

他には、「売り上げに貢献できる」とか「リピーターを増やすことが出来る」とか「お客様からの信頼を勝ち取ることが出来る」とか、そういう理由でも大丈夫です。

ただし、長々とだらだら書くのはやめましょう

読む側も忙しいので、簡単に、2,3行程度がいいと思います。

 

(4)Education 学歴

日本だと高校くらいから書き始める学歴ですが、こちらは最終学歴だけで大丈夫です。

海外に出てしまえば、超一流大学に入っていようと中卒だろうと、そんなものは関係ありません。スキルと経験が全てです。

りなきむ
りなきむ
実力主義社会なんだね

 

学歴を書くのも、何を学んだか明示するため

その為、大学名よりも学科や専攻名をより具体的に書いてください。

世界的に超有名なマ〇チューセッツ工科大学、みたいな名前だけ書いてある履歴書を見たとしても、何を勉強したのかさっぱりですよね。

そうならない為に、専攻名がとても大切です。

専攻科目はmajor, またはmain field of studyと言います。

それ以外の科目はminor field of studyです。

サンプルでは、「スペイン語学科」がメジャー、その他の一般教養で欧州経済、南米文化などを書いておきました。

また、いつからいつまで在籍していたというのも書いておきましょう。

 

(5)Relevant exams passed 資格

言わずもがな、資格です。

取得した資格や合格した試験などは書いておきましょう。関係ないものは書かなくてもいいと思います。

ネイティブではないので、TOEICの点数があると採用担当側もこちらの英語力を判断しやすいと思います。

国際運転免許の有無も書いておきましょう。特に現地の資格があるといいですね。

サンプルの「RSA」は、New South Wales、オーストラリアでのお酒の販売に関する資格です。

この資格の保持者しかお酒を提供できませんので、こういったものも持っておくと便利ですよ。

RSAについてはこちら。

あわせて読みたい
オーストラリアRSA酒類販売資格とは2018 講習申込から取得までオーストラリアでの仕事し、進んでいますか? ローカルレストランで働いてみたいけど、お酒を取り扱うところが多くていつも資格の有無を聞...

 

(6)Working experience 職歴

続いて職歴です。

以前働いていた経験があるかたは書いておきましょう。名前だけでは何の会社かわかりづらい場合は、何に関する会社なのか簡単に明記しておきます。

会社名にTravelとかOpticalとかFoodとか入れてしまっても構いませんよ。

要は、どんな会社でどんな役職についていたか、いつからいつまで働いていたか、が分かればいいのです。

しかし、会社にもいろいろな立場の方がいます。

面接官から見たら、あなたは、事務方だったかも知れませんし、営業、経営、もしくは経理の担当者だったかも知れないのです。

少しでもあなたを理解してもらうために、役職についていなくても、「店員として」「マネージャーとして」等必ず一緒に書いてくださいね。

これだけで、面接官の印象がぐっと上がりますよ。

りなきむ
りなきむ
職歴がまだない方は、ここは消してしまって次にいきましょう!

 

(7)Part-time job experience パート、アルバイト経験

実力社会の海外では、パートもアルバイトも立派な職歴に入ります。

職歴のない方も、ここはがっつり書きましょう!

1か月でやめてしまった職場が多いとあまり印象はよくないので、その際はいつからいつまで、という期間は書かなくていいです。

長く働いてる場合はそれも立派なアピールポイントですので、働いていた期間も書いておくといいですよ。

ここでも同様に、どんな立場にいたかを書いておきましょう。

 

(8)Qualification, Professional skills スキル

この辺りから、自己アピールをし始めます。どの企業でも通用しそうな、基本的なことはすでにサンプルに書き加えておきました。

謙虚になりすぎずに、どんどん自分をアピールしましょう。

資格だけではなく、コミュニケーションスキルやカスタマーサービススキルなどもここに列記しましょう。

パーフェクトなカスタマースキルなんて…と思ってしまうかもしれませんが、そこそこのカスタマースキルです、なんて言っても、何の魅力もありませんよね。

自信をもって、「出来る」と伝えることが大事です。

他にも、何かのチームを率いた経験や、昔から長く続けていることなど、自分をアピールできるポイントはどんどん足していきましょう。

りなきむ
りなきむ
小さなことでも記入記入!

 

おわりに

私自身が履歴書を作るときに非常に苦労したので、これさえあればなんとかなる、というフォームを作ってご説明してきました。

始めは不安と緊張でいっぱいかも知れませんが、折角のワーホリを成功させるため、少しでも今回の記事が参考になればと思います。

\履歴書が書けたら、さっそく仕事探し/

あわせて読みたい
【オーストラリアでワーホリ】翌日からの仕事も見つかるサイト8選ワーホリで何が一番不安かって、皆さん恐らく「仕事探し」ですよね。 日本のアルバイトを探すのだって大変なのに、英語でなんて... でも...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。 詳しいプロフィールはこちらから。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です