ワーホリに行く前に

【オーストラリアにワーホリ】1か月目に必要な生活費は最低40万!

きっと留学やワーホリに行きたいと思った方なら一度は調べたことあるはず、一か月の生活費。 

最初の1か月にどれくらいのお金がかかるのか、誰しもが気になりますよね。

本日はこの、節約家で出費も収入も完璧につけている(笑)りなきむがその辺りを赤裸々に紹介していこうと思います。

りなきむ
りなきむ
余すとこなしです!

ワーホリに行くなら 用意すべきは40万円

結論から言えば、ワーホリに行くのであれば、最低でも40万円用意すべきと、私は思っています。

外国に行き、そこで新しい生活するのに40万円あればいいなんて、正直、非常にお得で安あがりだと思いませんか?^^

 

でも、やみくもに40万円で行けるよ!なんて言って、

それを信じて行ってみたら、現実では全然生活できなかったなんて、そんな無責任なことはできません。笑

なので、私がワーホリに行ったときに、実際どれくらいのお金を使ったのか、何にどれくらいのお金が飛んでいくのか、

昔の家計簿を引っ張り出して、分かりやすいようにまとめていきますね。

 

シドニー到着 最初の1か月にかかった金額

まず、オーストラリアに到着してから、丸1か月にかかった金額をお教えします。それはずばり、

3100ル(約25万1690円)。

りなきむ
りなきむ
結構してる…

 

当然ですが、普通に生活しているよりも、出費はかさみます。これだけ大きな出費の原因となったのは、家が見つかるまでの、

  • 2週間利用したホステル滞在費
  • 見つかった家のボンドやレント

この2つ。

私の場合は、語学学校に通っていませんので、その分の出費はありませんでしたが、

語学学校に通う方は、『これからご紹介する金額+語学学校代』と考えておく必要がありますね。

 

まずは、なにがどうして25万円の出費になったのか。その内訳をご紹介します。

 

大きな出費1:ホステル滞在費

まずは、到着してから数日間のホステル(ホテル)滞在費。

日本を出る前に家を探しておかなかった私は、オーストラリア到着後約2週間、シドニー市内の安めのホステルに滞在することにしました。

この時の滞在費が、416ドル。日本円で3万3780円。

1泊32ドル計算で、日本円だと2.700円程でした。

立地はTown Hall駅(シドニー中心街のど真ん中の駅)から1駅のところ。

しかもホステルは駅から徒歩1分とかからないところにあり、さらに朝食付きだったので、シドニー市内ではかなりお得な方だと思います。

 

このホステル滞在費が、25万円のうちの大きな出費、1つ目です。

 

大きな出費2:シェアハウスの敷金・家賃

続いての大きな出費は、敷金・家賃。

家を借りた時の金額は、820ドル。日本円で6万5600円でした。

 

その時見つけた家は、Ultimoというシドニー市内、セントラル駅から歩いて15分ほどの地域にありました。

ルームシェアという形で、女性4人部屋と男性4人部屋が1つずつ。

計8人で生活していて、ショッピングセンターも近く快適な家でしたが、これが週1万2400円

家賃自体はそんなに高くありませんでした。

しかし、入居の際は、家賃以外にも敷金も払う必要があり、これが2万4800円

さらにはキーデポジット代もありましたので、追加で1万6000円かかりました。

りなきむ
りなきむ
どんどん出費がかさんでいく…

 

これらを全て計算していくと、新しい家に入居した時に必要だった金額は、計820ドル。

日本円で6万5600円となりました。

 

あわせて読みたい
【オーストラリアでワーホリ】家を探す方法&6つのサイトを伝授!オーストラリアにワーホリに行く方が必ず直面するであろう、家探し問題。 今回はどうやって家を探せばいいのかをお教えします。 私はワーホ...

 

諸経費などの、その他の出費

このホステル&家への出費だけで、すでに10万円近く使っています。

でも、出費はさらにつづきます。涙

以上の2つの大きな出費に加え、こまごまとした出費は、以下のこれらになります。

  1. 食費
  2. 交通費
  3. 交際費
  4. 生活物資の調達
  5. 資格の申請費
  6. その他

①~⑤は、言わずもがな。日本で生活していても、かかってしまうお金たちです。

 

『⑥その他』に関しては、私の趣味のモノにお金を使いました。笑

今までやったことがない音楽と水泳を始めたかった私は、

 

  • 楽器を買い、
  • 教科書を買い、
  • 音楽教室にも通い、
  • スイミング用のアイテムを買い、
  • プールの会員になり、

 

家に次ぐ出費を重ねました。この趣味への投資だけで、その額7万円ほど。

家賃・ホステル代と合わせると、この時点ですでに17万円を使っていました。笑

『その他』以外の出費は、洋服を買ったり資格を取得したりして、結局のところ9万円近くかかり、

これらを全部まとめると、初月にかかった費用は、最初にお伝えいした

3100ドル(約25万1690円)

となってしまいました。笑

 

 

数字的には、これだけ持っていけば、一応1か月間は生活できることにはなります。

でも、仕事が見つからなかった場合のことも考えておくなら、2か月目の生活費も用意してから出発する方が、賢いやり方です。

1か月目の出費から、2か月目にはかからない『敷金』『キーデポジット』『ホステル代』などを除いた金額を2か月目の生活費と考えれば、

最低でも40万円が、最低用意しておいた方がいい金額と言えるでしょう。^^

 

1か月目の生活費 おわりに

オーストラリア物価が高いんでしょう?お金ないから、ワーホリに行くのは難しい…

そんな不安を少しでも解消出来たら嬉しく思います。

今回の記事を踏まえて、

ご自身の経済状況をしっかり把握し、ワーホリや留学プランを考えていただけたらなと思います。

 

ワーホリ、楽しいですよ!

40万円なら、きっとあなたにもできるはず。

海外への新しい一歩、踏み出してみましょう!

 

\ワーキングホリデー関連情報/

2018年11月5日に発表された、ワーホリ最新情報です。労働条件や、ビザに関する大きな変更点がありました。ワーホリに行く方は確認必須です。

あわせて読みたい
【ワーキングホリデー最新情報】ルール改定!サードビザが可能に!?さて、ワーホリでオーストラリアに行こうと思っている人、 また、すでにオーストラリアに来ている人にも朗報かな? 2018年11月に、ワ...

ワーホリに必要なのは、何も生活費だけではありません。保険も必須。私が利用していた、安い海外旅行保険を紹介しています。

あわせて読みたい
【どこの海外保険使えばいいの?】そんなあなたへ。今までに私が利用した2つはこれこの記事では、16歳のころから始めた世界の色々な国を旅した私が、 今までお世話になったことのある、 海外旅行保険2つについて、お話し...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。りなきむと一緒に暮らすにゃんこのブログ『ぜんちゃんのいる生活』はここから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です