オーストラリア生活

オーストラリアで電車に乗る!移動の必需品、オーパルカードをゲットしよう

オーストラリア、シドニーでの移動に必要不可欠なカードがあるの、ご存知ですか?

安く、早く、そして便利に使えるカード、それがオーパルカードです!

この記事では、シドニーで電車、バスに切符を買うことなしに乗れる、

いわばシドニーのSuica、オーパルカードについてご紹介していきます。

Opal Card

こちらがその、オーパルカード

これは私の出身地域のものでいうと、SuicaやPasmoにあたるものです。

関西だとこれがICOCAになるそうですね。

 

システムはSuicaと全く同じなので、私たちにはとても馴染みやすいオススメのカードです。

先にチャージしておくのが基本ですが、クレジットカードやデビットカードと連動して

「残高が〇〇以下になったら勝手にチャージ」

ということも出来る便利なカードです。

 

このカードの入手方法は簡単で、シドニーの至る所にあるコンビニで買うことが出来ます

Opalカードを下さいと告げると「いくらチャージする?」と聞かれますので、ご希望のチャージ金額を告げましょう。

滞在日数にもよりますが、最初は20ドル(1800円分ほど)くらいチャージしておけばいいと思いますよ。

シドニーの空港の出口付近にもこのカードが買えるコンビニがありますので到着したらすぐにゲットしておきましょう。

 

このカードを持っていることで、空港から市内までも快適に移動することが出来ます。

交通機関の種類や所要時間については

あわせて読みたい
シドニー交通機関を徹底比較!空港から街までアクセス海外旅行やワーホリで日本を出られる方にとって現地の空港についてから、 予約したホテルやホームステイ先に行くまでが最初の関門ですよね...

で紹介していますので、参考にしてみてください。

 

カードを使って電車に乗ろう

シドニー市内や周辺でOpalカードを使い電車に乗る場合、日本と同じように、

このような改札が設置されていることが多いので、その際は円形のセンサーにタップすればOKです。

 

多少反応が遅いので、しっかりタップできているか確認してから進んでください。

 

もし改札がない駅を利用する際は、駅入り口付近か、ホームに入る階段付近にポールが建ってますので、そこへ。

 

この際もきちんとタップできているか確認してくださいね。駅に入るときも、出る時も忘れないようにしましょう。

 

ちなみに円形のセンサーとは、こんな感じ。

シドニーで無賃乗車をしてしまうと、その路線で一番遠くまで行った時の料金が罰金として科せられてしまいます。

 

私は昔、タップできていたのに出来ていないと思ってもう一度タップしてしまったので、

無賃乗車扱いでこの分の金額がOpalカードから引かれたことが…涙

 

車内でも、比較的頻繁に車掌さんがカードをチェックする為にまわってきます。

そこでタップできていなかったりするとチェックされてしまうので気を付けて下さい。

 

カード利用でバスも便利に乗りこなそう

シドニーのバスは、前乗りです。

降りるときは近くの出口から出て大丈夫ですが乗車の時は運転手側から乗りましょう。

まず乗りたいバスを見つけたら、手を挙げて合図します。

こちらがバスに気が付いているのに何の合図もしないと、運転手は「ああ、乗らないのか」と判断しスルーしてしまいます。

 

バスを止めることが出来たら運転手側から乗り込み、入口周辺にあるOpalカードタップ機にタップします。

ピッという音が鳴れば大丈夫です。降りる際も同じようにタップしましょう。

 

シドニーのバスにはバス停を案内するシステムはありませんので、景色を見ながら降りる場所を判断しましょう。

または、ネット環境になくてもGoogle MapのGPSは使えますので不安な場合はマップを見ながらでもいいかも知れません。

 

降りる場所がわかったら、車内のあちこちにある赤いボタンを押し運転手に知らせます。

この辺りは日本と同じですね。

大きなターミナル駅、Town Hall駅やCentral駅に近いバス停では沢山の人が降りますので、そういったのを参考にしてみるのも手ですよ。

 

もしOpalカードを持ってなかったら?

では、Opalカードを持たずにこれらの公共交通機関に乗るにはどうしたらいいのでしょう?

以下、電車の場合とバスの場合を比べてみましょう。

 

電車に乗るため、切符を買う

電車の場合は、Opalカードをチャージするのと同じ機械で切符を買うことが出来ます。

この機械は改札横に設置されているので、探してみましょう。すぐに見つかると思いますよ。

 

Opal Single trip Ticketを購入することで、Opalネットワーク内の移動が出来るようです。ただし一回きりの利用ですので、毎回電車に乗るたびに買うことになります。

値段に関しては5段階ほどあるらしく、行先によって値段も変化します。

Opalカードを利用するよりも若干割高価格が設定されています。

 

バスは乗り込み時に切符を購入

バスの場合は、乗り込み時に運転手にチケットを買いたい旨を伝えます。

行先を聞かれ、そこまでの料金を支払った後に紙のチケットをもらえますので、乗車中は失くさないように持っていましょう。

 

こちらも電車と同様、Opalカードを使うよりも若干割高となります。

勿論、こちらも一回ずつ購入していくことになるので、バスに乗るたびに購入しましょう。

 

1つだけ注意点。最近よく見かける、「Prepaid Only」と表示されているバスに乗る際はこの紙チケットは使えません。

Opalカードでの乗車のみですので、もしOpalカードを持っていないのにそういったバスを見かけたら注意しましょう。

 

 

オーパルカード有とカード無、どちらがお得?

これまでいろいろお話してきましたが、では結局どちらがお得なのでしょう。

 

答えは間違いなくカード利用です

 

このOpalカード、毎回の料金が若干や安くなるだけではなく、週ごとに何回Opalカードを利用したか、いくら支払っているか、乗り換え時間などによっても勝手に割引してくれます。

月曜から日曜までの間で一定金額以上使うと、それ以降の料金が半額になったりするんです。

こういった割引などは紙チケットで使えませんし、何よりチケットを買うためにいちいち券売機に並ぶのも面倒

 

以上の点からOpalカード購入をオススメします。

シドニー中心街はそんなに広くないので歩けない距離ではありません。

でも、少ない日程で効率的にゆったり旅行をしようと思ったら、やっぱりこういう公共交通機関は必要不可欠ですもんね。

 

週末おでかけは、オーパルカード割引を利用

そしてさらに嬉しいことに、日曜日になるとこのOpalカード利用料が一律になるんです。なんと、どこまでいっても2.6ドル

このカードはシドニー市街で主に使われるカードですが、このシステムを利用しない手はありません。

場所によっては往復で15ドル近くかかるところが2.6ドルになるんですから!

驚くべきことに、1回の利用料が2.6ドルになるのではなく、1日の利用料です。

Opalカードさえ使えば、バスに乗ろうと電車に乗ろうと、このサービスを利用できます。

システムとしては、至って簡単。

2.6ドル以上の場合には1回目の利用で2.6ドルが引かれます。

近距離移動などでそれより安い料金の場合は、合計2.6ドルになるまで引かれ続けます。

この金額に達した時点で、次からの利用が0円にとなり、改札にかざしても1セントたりとも引かれなくなるんです。

 

ブルーマウンテンや、モーリセットへの観光にもこの制度は使えます。

この2つの観光地に行くには通常10ドル以上かかるので、是非週末を利用して遊びに行ってみましょう。

 

まとめ

ワーホリでシドニー滞在予定でればなおさら便利なカードですので、真っ先に手に入れてしまいましょう。

カード1枚ですが、すごい役に立ちますよ!

是非利用してみてくださいね。

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ→そのままシドニー永住となった元旅人。 ギリシャ人オットとの生活を書いている雑記ブログです。読んでくれたあなたをほっこりさせる、がモットー。国際結婚のイロハも書いています。   詳しいプロフィールはこちら