交通

【シドニー】空港⇔街までのアクセス方法!4つの交通機関を比較してご紹介!

海外旅行やワーホリで日本を出られる方にとって、

現地の空港についてから予約したホテルやホームステイ先に行くまでが、きっと最初の関門になります。

その関門を突破するために、今回は、シドニーの空港に着いたあと、どうやって市内まで行くのかをお話しようと思います。

今回は空港から市内まで行く、4つの交通機関を比較しますので、

どこが一番あなたにあっているのか探してみてくださいね。( *´艸`)

最も早いアクセス方法!『電車』

皆さんが真っ先に思い浮かぶであろう電車。まずはこの交通手段からいってみましょう。

値段18ドル
所要時間10分ほど
快適度
ラクチン度

 

エアポートリンク線について

空港⇔市内のアクセスは、Airport Link線(エアポートリンク)という線を利用するのが最も便利で、時短な手段です。

 

シドニーの場合、空港が市街地から近いこともあり電車の本数もかなり多めなので、サクサク市内まで向かえます。^^

国際線ターミナルから市内までの停車駅は、こちら↓

  1. 国際線ターミナル
  2. 国内線ターミナル
  3. マスコット駅
  4. グリーンスクウェア駅
  5. セントラル駅

 

エアポートリンク線を利用すれば、このように乗り換えなしでセントラル駅までアクセス可能です。

一度セントラル駅へ到着してしまえば、各地へのアクセスにも苦労しないでしょう。

 

価格は少々高めで、18ドル程

正直、なかなかしますよね。10分の乗車で2千円近くって…

というのもこのエアポートリンク線、政府が観光客税とも言えそうな空港アクセス利用料を上乗せしているから、

その分、運賃が高めに設定されているんです。

『運賃が多少かかっても、早く、楽に市内へ向かいたい』という方にオススメの交通機関が、

この電車、ですね。^^

 

少しでも安く町へ行くなら!『バス』+『電車』

 

続いて、バスについてご説明します。

値段6ドルほど
所要時間30分ほど
快適度
ラクチン度

バスは、『時間はかかっても、安く市内へ向かいたい』という方向けの交通機関。

バスを利用すると、電車に課せられている空港アクセス利用料が免除されるおかげで、費用は電車の1/3ほどで済みます。

安く市内へ向かうには、もってこいの交通機関です。

400, 420, 420N, N20の4種類のバスのうちのどれかに乗ることで、市内方面へ向かうことが出来ます。

【2018年10月17日追記】

以前は1路線(ルート400)しかなかったバスが、4路線に変更になりました。

400、420、420N、N20、この4つの便の詳しい行き先はこちらです。

ルート400Bondi Junction行
ルート420Burwood行
ルート420NBurwood行 夜行便
ルートN20 Town Hall駅行

『ルート400、420、420N』と『ルートN20』とでは、降りるバス停が異なるので、

これから詳しく解説していきます。

ルートN20で市内に向かう

まずは、一番簡単なルートから。

このルートN20は、シドニーのど真ん中、タウンホール駅まで直接向かってくれる、非常に便利な路線です。

国際線ターミナル、もしくは国内線ターミナルからバスに乗りこめば、最終地点がタウンホール駅です。

降りるバス停を逃すこともありません。

本数は1時間に1本。

少々本数は少ないですが、海外の交通機関の使い方に不安がある方は、この路線を利用しましょう。

 

ルート400、420、420Nで市内に向かう

この3つの番号の路線は、1時間のバスの本数が多いにも関わらず、シドニー中心地へは向かいません。

電車にかかる『観光客税』の範囲外まで乗せていってくれるので、そこからは電車に乗り換え、シティへと向かいましょう。

これらのバスは、

 

  1. 国際線ターミナル
  2. 国内線ターミナル
  3. マスコット駅(電車に乗り換え)

 

の順に停車します。

マスコット駅に着いたら、ここからセントラル駅までは2駅ほど。

乗り換えがある分、電車より時間がかかりますが、『観光税』のかからない空港外の駅まで連れて行ってくれるので、

より安くシドニー市内へ向かうことが出来ますよ。

 

市内アクセスにバスを利用する際の注意点

電車よりも安くシティへ行けるバスですが、シドニーのバスには、バス停の名前を案内してくれるシステムはありません。

基本は、景色を見ながら自分が降りる場所を把握するスタイルで利用することになります。

しかし、初めてシドニーを訪れるのに、そんなのムリ!

だったら、バスの運転手に、あなたの降りる場所をあらかじめ伝えておきましょう。

『マスコット駅に着いたら教えて』と伝えておくことで、乗り換え場所を逃さず、スムーズに市内へ向かうことができます。

 

大人数での利用なら『タクシー』

これもお馴染、タクシーです。

値段30ドルほど
所要時間約20分
快適度
ラクチン度

荷物が多かったり、大人数で移動する場合は、2人で電車を使うよりも安く済むのがタクシー。

30ドルくらいは最低でもかかりますが、ホテルの目の前まで連れて行ってくれるのは、バスや電車では味わえない快適さです。

到着ターミナルの目の前に、TAXIと書かれた大きな看板がありますので、その看板に沿って進みましょう。

常にタクシーを待つ人の列があると思いますので、見つけるのも簡単だと思いますよ。^^

 

タクシー利用の注意点

注意点、というほどのことでもありませんが、現在、シドニーの街中は至るところで工事が行われています。

ホテルや宿泊場所によっては、遠回りすることを余儀なくされて、思った以上に運賃がかかることがあるかも知れません。

 

オーストラリア中・上級者向けUber

これはご存じない方もいらっしゃるかも知れません。

このUber(ウーバー)サービスは、オーストラリア、中&上級者向けのサービス。

カンタンに言うと、一般人がするタクシー代行のようなものです。

値段15ドルから
所要時間約20分ほど
快適度
ラクチン度

 

ウーバー利用方法

ウーバーを利用するには、まずは『ウーバーアプリ』をダウンロードする必要があります。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

 

このアプリをダウンロードしたら、クレジットカード情報を登録し、インターネットに繋いだ状態で依頼をします。

すると一番近くにいるウーバードライバーが来てくれますので、あとはタクシーと同様、詳しい行き先を告げて依頼をしましょう。

料金は、ウーバー利用後に、カード会社へ請求されるようになっています。

一般の方が運転手をやっているので、料金もタクシーよりは割安で、目的地真正面まで送ってもらえるのがこのUberの特徴です。

アプリをダウンロードして、インターネットにつないで…というのは少々面倒かも知れませんが、こんな方法もあるんだな、と覚えておいてください。^^

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

私がいつも空港を利用する時はいつもバスを利用しますが、初めての海外旅行の方には難易度の高い乗り物だと思います。

 

日本みたいにバス停の名前を案内してくれるわけでははいので、初めての場所に行くには正直かなりわかりづらいです。

しかしそこはオーストラリア、親切な人も多いですので現地の人との交流もかねて隣の方に聞いてみる、というのも楽しいですよ。

折角の旅行、小さなことも冒険精神でチャレンジしてみてくださいね。

あわせて読みたい
シドニー【4大・交通機関】乗り方から料金表まで、在住人がやさしく教えるよこの記事では、シドニーでの移動の主となる、 電車 バス フェリー 路面電車 の4つの交通機関の乗り方や...
あわせて読みたい
【シドニー移動の出需品!】オーパルカードの入手方法&割引の使い方今回は、シドニーでの観光、そして生活に必要不可欠な オーパルカードについて詳しくお話いたします! 日本のSuicaのように、とても便...
ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ⇒そのままシドニー永住となった元旅人。現在は、おうちでノートPCを片手に主婦をしながら、『シドニー すみっこ暮らし』でシドニーの生活情報を発信しています。ときどき、ギリシャ人オットとのあれこれも。りなきむと一緒に暮らすにゃんこのブログ『ぜんちゃんのいる生活』はここから。詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。 質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です