オーストラリア生活

シドニー交通機関を徹底比較!空港から街までアクセス

海外旅行やワーホリで日本を出られる方にとって現地の空港についてから、

予約したホテルやホームステイ先に行くまでが最初の関門ですよね。

今日はシドニーの空港に着いたあと、どうやって市内まで行くのかお話しようかと思います。

殆どのホテルは市内やその周辺にありますし、観光地もシドニー市街に固まっていますからね。是非、参考にしてみてください。

 

シドニーの場合、国際線ターミナルと市街地がさほど離れていないので、夜に到着される方も比較的安心して利用出来ると思いますよ。

 

空港といえば、基本的にどの国でも電車、またはバスがあったりと、公共交通機関もしっかりとしていることが多いですよね。

もしくは空港の前に停まっているタクシー等を利用される方もいらっしゃるでしょう。

しかし、街までの様々な行き方を知っていてその中からその交通機関を利用するのと、

それしか知らないからその交通機関を利用するのとでは心の余裕も違いますし、お財布事情にそぐわない場合もあるかも知れません。

今回は4つの交通機関を比較して、どこが一番ご自身にあっているのか探して頂ければと思います。

空港からのアクセスは抜群!電車

皆さんが真っ先に思い浮かぶであろう電車。勿論シドニーにもあります。

Airport Link線という、国際線ターミナルから、国内線ターミナル、そして市街地を経て市内へと続く線です。

滞在予定先が駅のすぐ近くなどの場合は電車を使うのが一番早いと思います。

後ほどお話しますが、市内のど真ん中のホテルだと渋滞等の関係で時間がかかってしまうこともありますからね。

シドニーの場合市街地から近いこともあり、比較的頻繁に電車もあります。時間帯にもよりますが、15分に1本ほどでしょうか。

ラッシュ時には10分に1本になったりもしますよ。その電車に乗っていけば、乗り換えなしでCentral駅まで到着します。所要時間10分ほど。

 

私の出身地、埼玉からの成田利用は遠いのでこれくらい近いと楽ですよねえ笑

…筆者の要望はさておき、Central駅から各所へ行く電車は沢山あるので、ここから目的地まで行くのはそんなに難しくはないでしょう。

 

空港からCentral駅までの価格は18ドル程です。なかなかしますよね。10分の乗車で2千円近く。

というのもこのAirport Link線、政府が観光客税とも言えそうな特別な利用料を上乗せしているから。

ただ市内へのアクセスは格段に早いので、時間を買う、という感覚かも知れませんね。

 

市内を縦横無尽に走り回る!バス

これは個人的にはお気に入りの乗り物です。しかし、注意点がいくつかありますのでお話していきます。

まず、国際線ターミナル前には1本の路線しか来ません。400というバスで、しかも市内まで行くわけではありませんので、途中で電車への乗り換えが必要になります。

空港内が一方通行の為、出口付近にバス停は一つしかなく、シドニー方面へ行くバスも、市内から来て空港を通り別の方面へ行くバスも、同じところに停まります。

同じ路線ですから、同じ400の番号がバスの電光掲示板に表示されます。間違えないように注意してください。

もし分かりづらかったら、バスに乗る際に運転手に確認しましょう。

「City?」で通じますよ。

 

そして大切な乗り換え場所ですね。

Masot(マスコット)というところで降ります。

駅の裏側あたりに降ろされるので、そこから3分ほど歩いて入口へ。ここから電車に乗り換えCentral駅へ向かいます。

ここまでの流れで、既に面倒くさそう…という声がきこえてきそうです。笑

しかし、このバスを使うことによって電車に課せられている空港アクセス利用料が免除されます。

おかげで利用料は2ドルほど。そこからcentralまで2ドルかからないくらいなので、電車の約1/6のお値段で済みます。

これはバックパッカーの皆さんには嬉しいのではないでしょうか。ちなみに私もバスで市内に向かった人間の1人です。

バスに待たずに乗れるかにもよりますが、空港からバスに乗りさらに電車に乗り換えることになるので、所要時間は40分くらい。

 

そしてもう一つの注意点。

バスの中でバス停の名前を案内してくれるシステムはありませんので、景色を見ながら場所を把握するか、もしくは運転手に降りる場所を教えてもらうか、というのがバスを利用する方法になります。

はじめのうちはかなり分かりづらいと思いますので、運転手に「マスコットに着いたら教えて」とお願いしておくといいと思います。

そうしておけば、下車ボタンを押せなかったとしてもバスを停めてもらえると思いますよ。

 

大人数での利用ならタクシー

皆さんこれもお馴染ですよね、タクシー。荷物がいっぱいあったり、大人数で旅行される方には一番いいかも知れません。

勿論行先次第ですが、電車の18ドルより高めになるのが普通です。

ただ同じ市内に行かれるのであれば、人数で割り逆に割安になりますので、2人以上で旅行される方にはより便利かも知れません。

 

そこで是非頭の片隅に置いておいて頂きたいのが、「街中の工事」です。

そんなに遅れることはないと思いますが、何しろ市内は至る所工事中で、車道は削られ狭くなっており、一方通行の所が増えています。

少し遠回りをされても、驚かないでくださいね。

長旅の後にタクシーから街の景色を楽しむのも旅の醍醐味にしてしまいましょう。

 

オーストラリア中・上級者向けUber

これはご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらはオーストラリア上、中級者向けかも知れません。

Uberというタクシーの様なものなんですが、現地の一般の方が依頼があった時だけタクシーに早変わりする、というようなシステムです。

 

アプリをダウンロードして、そこにクレジットカード情報を登録し、インターネットに繋いだ状態で依頼をします。

あとは来たUberの運転手に行先を告げるだけ。

ですが、まずインターネットに繋がないといけないことと、1回の利用の為にアプリをダウンロードというのが手間なので、中長期滞在される方によりおススメの交通機関です。

料金は利用後にカード会社から請求されるようになっています。

一般の方が運転手をやっているので、料金もタクシーよりは割安で、しかし目的地真正面まで送ってもらえるのがこのUberの特徴です。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

私がいつも空港を利用する時はいつもバスを利用しますが、初めての海外旅行の方には難易度の高い乗り物だと思います。

 

日本みたいにバス停の名前を案内してくれるわけでははいので、初めての場所に行くには正直かなりわかりづらいです。

しかしそこはオーストラリア、親切な人も多いですので現地の人との交流もかねて隣の方に聞いてみる、というのも楽しいですよ。

折角の旅行、小さなことも冒険精神でチャレンジしてみてくださいね。

ABOUT ME
りなきむ
りなきむ
ワーホリ→そのままシドニー永住となった元旅人。 ギリシャ人オットとの生活を書いている雑記ブログです。読んでくれたあなたをほっこりさせる、がモットー。国際結婚のイロハも書いています。   詳しいプロフィールはこちら